立浪二世として期待された吉川大幾が引退。来季、NPBでプレーするPL戦士は2名に

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.12.26

PL学園時代の吉川大幾(巨人)

 今年まで巨人に在籍していた吉川大幾(PL学園出身)が現役引退を報告。球団のSNSによると来季から巨人の球団職員として残る。

 通算268試合 172打数31安打 6打点 14盗塁 打率.180

 中日からドラフト2位指名を受け、立浪二世として期待された。もちろん満足行く成績ではなかったかもしれない。それでも見切りが早く、厳しいプロの世界で、10年プレーできたのは誇れることではないだろうか。

 これでPL学園出身の選手で、来季もNPBでプレーすることが決まっているのは、・中川 圭太(オリックス)、福留孝介(中日)の2人のみとなった。

【関連記事】
東都一部の強豪・駒澤大は硬式野球継続11名!6人がNPB・独立関係! 【ニュース - 高校野球関連】
元巨人の村上海斗(北照出身)が独立へ!高校以来の投手へ! 【ニュース - 高校野球関連】
第158回 中学生で180弱、達人級の牽制術…巨人期待の星・横川凱(大阪桐蔭出身)の中学時代の逸話!【恩師が語るヒーローの高校時代】
第156回 巨人4位・伊藤優輔の高校時代を恩師が語る「中学の実績を一切書かなかった」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第11回 PL学園で主将・コーチとして培った武骨な精神は、寿司を握ることで今も生き続ける ふじ清・清水孝悦社長(PL学園OB)【人生で大切なことは高校野球から教わった】
第1回 【12球団ドラフト指名予想】巨人1位は佐藤輝明(近畿大)より「ポスト菅野智之」に見合う投手を指名するべき!【プロ12球団ドラフト分析2020】
第1046回 大阪の公立の雄・汎愛に入った「PL学園の血」。ソフトボールの塁間を用いるなど練習は工夫だらけ【野球部訪問】
第1174回 巨人期待のシンデレラボーイ・戸郷翔征(聖心ウルスラ出身)。大エースの学びを実践し、二桁勝利を狙う 【2020年インタビュー】
第1110回 プロを目指して名門街道を駆け抜けた。世界一を知る今江敏晃コーチ(PL学園OB)から球児たちへのメッセージ 【2020年インタビュー】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
第1080回 桑田真澄(PL学園) PLに大きく育ててもらい、そして甲子園でさらに大きく育ててもらった 【2019年インタビュー】
第950回 メジャーリーガーが全幅の信頼を寄せるウイルソン米国本社マスタ-クラフトマン 麻生茂明氏【前編】 【2019年インタビュー】
東大阪大柏原vsPL学園【大阪府 2016年夏の大会 第98回選手権大阪大会】
大体大浪商vsPL学園【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
PL学園vs城東工科【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
PL学園vs上宮太子【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
大阪桐蔭vsPL学園【大阪府 2015年春の大会 平成27年度春季近畿地区高校野球大阪府予選】
上原浩治のピッチング・メソッド
吉川 大幾(PL学園) 【選手名鑑】
PL学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
大塚が序盤の集中打で快勝!大塚vs久米田を徹底レポート!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る