【動画】2年生だけで200本超の重量打線!健大高崎の打撃理論はタメになる内容だった!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.12.18

 2021年度の全国トップクラスの強力打線といえば、2年連続の関東大会優勝を果たした健大高崎ではないでしょうか。

 関東大会では4試合で8本塁打を放ち、頂点に立ちました。今回はこうした土壌がいかにして作られたのか迫っていきます。

(動画を見る)

【関連記事】
1試合5本塁打の健大高崎と3試合28得点の常総学院。関東の頂点に立つのは 【ニュース - 高校野球関連】
大阪桐蔭vs智辯学園の名門対決!投打ともに戦力十分の近畿の覇者となるのはどちらか 【ニュース - 高校野球関連】
第1020回 健大高崎、東京学館など強打のチームが登場!【秋季大会逸材ガイドブック・1日目】【大会展望・総括コラム】
第99回 優勝候補・常総学院などが登場する大会2日目の見所・注目選手リスト【秋季関東大会】【大会展望・総括コラム】
小澤 周平(健大高崎) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
強打の静岡の4番打者として活躍した安本 竜二選手の成長の軌跡を振り返る
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る