徳島ISの190センチの豪腕・森祐樹(有明出身)が退団

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.12.16

退団を発表した森祐樹(有明-日本経済大-徳島インディゴソックス)

 徳島インディゴソックスの森 祐樹(有明出身)が退団を発表した。

 有明、日本経済大を経て、2019年に徳島インディゴソックス入り。プロ1年目は前期の防御率3.86、後期は防御率3.12に終わる。

 190センチの長身から140キロ後半の速球を投げ込み、調査書も届いていたが指名漏れ。

 今季は28試合に登板し、7勝4敗3セーブ、防御率1.51、77.1回を投げ、87奪三振と1年目より投球成績を大きく上回っていた。

 150キロを超える速球に加え、140キロ近い高速フォークとすべてにおいてパワーアップ。探究心も高く、ストイックな豪腕だった。

 調査書も届き、今年こそという思いで臨んだドラフト会議だったが、惜しくも指名漏れを味わった。

 2年目の投球は1年目と比べても見違えるような成長をしていただけに、今年にかける思いの強さが伝わっただけに残念な思いだ。

 今後はどういうステージに進むかは不透明だが、能力は素晴らしいだけにプレーヤーとして活躍することを期待したい。

関連記事
強心臓が武器の小さな左腕。「ピンチが大好き」西武・野田 昇吾が挑む世界の舞台。
高校時代、スター級の活躍を見せた青山大紀、高城俊人も戦力外に…【野球人生の岐路に立った甲子園球児たち】
2010年春夏連覇の島袋(興南)など 戦力外通告 野球人生の岐路に立った甲子園球児たち(1)

【関連記事】
ドラ1左腕、早期で引退、独立リーグからプロ入りなど紆余曲折が多い2016年の千葉の好投手たちの現在地 【ニュース - 高校野球関連】
今年の巨人育成枠で支配下に最も近い徳島インディゴソックス・戸田懐生(東海大菅生-KTCあおぞら)が仮契約! 【ニュース - 高校野球関連】
阿南光vs池田【徳島県 2020年秋の大会 徳島県秋季大会】
名西vs富岡西【徳島県 2020年秋の大会 徳島県秋季大会】
鳴門vs徳島商【徳島県 2020年秋の大会 徳島県秋季大会】
鳴門vs徳島商【徳島県 2020年夏の大会 徳島県高等学校優勝野球大会】
徳島商vs那賀【徳島県 2020年夏の大会 徳島県高等学校優勝野球大会】
第1174回 期待の3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ) 磨き続けたストレートを携え、先発ローテーション入りへ【後編】 【2020年インタビュー】
第1173回 独立からプロへ進んだ期待の星!優勝の歓喜、そして壁を痛感した3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動【徳島の高校野球】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第1062回 岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」 【2019年インタビュー】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
第224回 ~ 独立はNPBへの近道だ ~ 独立リーグの今に迫る!【ドラフト特集コラム】
四国発
有明 【高校別データ】
有明 【高校別データ】
有明・末吉 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
海南 【高校別データ】
城西 【高校別データ】
城東 【高校別データ】
城南 【高校別データ】
城ノ内 【高校別データ】
城北 【高校別データ】
徳島工 【高校別データ】
徳島商 【高校別データ】
徳島東工 【高校別データ】
那賀 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【野球総研】高校球児の平日の練習時間をランキング!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る