今回は立教大の中川 颯選手について迫っていきたいと思います!

 中川投手は桐光学園時代から有名なアンダースローとして、二度の関東大会出場、最後の夏はベスト4。

 立教大進学後は1年春に大学選手権優勝を経験。61試合に登板し、10勝8敗、通算141奪三振と好成績を残し、今年のドラフトではオリックスから4位指名を受け、プロ野球選手になる夢を叶えました。

 そんな中川選手のアンダースロー人生を振り返っていきたいと思います

(動画を見る)