【動画】次世代のアンダースロー・中川颯(桐光学園-立教大)が語る極意【オリックスドラ4】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.12.15

 今回は立教大の中川 颯選手について迫っていきたいと思います!

 中川投手は桐光学園時代から有名なアンダースローとして、二度の関東大会出場、最後の夏はベスト4。

 立教大進学後は1年春に大学選手権優勝を経験。61試合に登板し、10勝8敗、通算141奪三振と好成績を残し、今年のドラフトではオリックスから4位指名を受け、プロ野球選手になる夢を叶えました。

 そんな中川選手のアンダースロー人生を振り返っていきたいと思います

(動画を見る)

【関連記事】
「ボールの重みを感じるリリース」とは?春夏甲子園、アジア選手権出場の奥川恭伸(星稜)に迫る!【前編】 【ニュース - インタビュー】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
笠松 悠哉(立教大)「三振か、ホームランかの割り切りで勝負したい」 【ニュース - インタビュー】
第601回 笠松 悠哉(立教大)「三振か、ホームランかの割り切りで勝負したい」 【2017年インタビュー】
第510回 鈴木 貴弘選手(日大三-JR東日本)「春4強・夏制覇に導いた名捕手が振り返るセンバツの思い出」 【2017年インタビュー】
第353回 立教大学 飯迫 恵士選手 「常に首位打者を目指せる選手になりたい」 【2015年インタビュー】
第296回 立教大学 大城 滉二選手「勝つための走塁は迷いを一切なくすこと」 【2015年インタビュー】
第8回 海外の子供達を指導,阪長友仁からのメッセージ~日本野球の真髄とは~【人間力×高校野球】

コメントを投稿する

前の記事:
ドラフト会議終了!今年は高校生48名が指名!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る