現役続行を目指してトライアウトに臨む元甲子園球児たち

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.12.07

高校時代の由規(仙台育英出身)

 12月7日、現役続行をかけた12球団合同トライアウトが行われる。

 参加する選手で甲子園経験がある選手は以下の通り。

小熊 凌祐(中日・近江出身)
近藤 一樹(東京ヤクルト・日大三出身)
田城 飛翔(福岡ソフトバンク・八戸学院光星出身)
野田 昇吾(埼玉西武・鹿児島実出身)
永江 恭平(埼玉西武・海星出身)
森越 祐人(埼玉西武・愛知啓成出身)
由規<佐藤 由規>(東京ヤクルト・仙台育英出身)

 彼らは数少ない枠をかけて勝負することになる。どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、楽しみだ。

【関連記事】
甲子園優勝投手、ドラ1経験者3名…今季独立リーグに入団する元NPB戦士の経歴が豪華! 【ニュース - 高校野球関連】
近藤一樹(日大三出身)が香川オリーブガイナーズへ!甲子園優勝投手の加入はリーグでは2人目 【ニュース - 高校野球関連】
第616回 強心臓が武器の小さな左腕。「ピンチが大好き」西武・野田 昇吾が挑む世界の舞台。【大会展望・総括コラム】
第611回 ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017日本代表選手の中でU-18経験者は?【大会展望・総括コラム】
第395回 八戸学院光星高等学校(青森)「活躍できる強打者は配球が読める!」【後編】【野球部訪問】
第394回 八戸学院光星高等学校(青森)「八戸学院光星・仲井 宗基監督が教える『強打者』への道」【前編】【野球部訪問】
第469回 八戸学院光星高等学校 田城 飛翔選手「武器は160キロ超えのスイングスピード!強打で支配下登録選手を勝ち取る」 【2016年インタビュー】
第58回 今年の高校生野手は少数精鋭!各ポジションの逸材をピックアップ!【ドラフト特集コラム】
日大三vs鹿児島実【2010年秋の大会 第41回明治神宮野球大会】
鹿児島実vs明徳義塾【2010年秋の大会 第41回明治神宮野球大会】
鹿児島実vs大垣日大【2010年秋の大会 第41回明治神宮野球大会】
鹿児島実vs九州国際大付【2010年秋の大会 第127回九州地区高校野球大会】
鹿児島実vs九州国際大付【2010年秋の大会 第127回九州地区高校野球大会】
第5回 オリックスバッファローズ 近藤一樹 選手 【2007年インタビュー】
小熊 凌祐(近江) 【選手名鑑】
田城 飛翔(八戸学院光星) 【選手名鑑】
永江 恭平(海星) 【選手名鑑】
野田 昇吾(鹿児島実) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
島袋に我如古... 興南・我喜屋優監督が絶賛する「大人の野球」を体現した春夏連覇のメンバー
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る