清宮 幸太郎早稲田実業出身)、安田 尚憲履正社出身)らが出場した2017年のU-18代表。なんと大学に進んだ選手で3人もその野球部で幹部となった。

捕手 古賀 悠斗福岡大大濠-中央大)主将
内野手 井上 大成日大三-青山学院大)副主将
外野手 丸山 和郁前橋育英-明治大)主将

 日本代表となる選手は技術だけではなく、取り組む姿勢なども重視される。また大学に進んで主力選手として活躍するために考えながら取り組んだことでリーダーとしての自覚も芽生えたといえる。

 高校日本代表経験者が主将になるケースは非常に多く、3人以上が幹部になるのは、2015年のU-18代表以来、2年ぶりのこと。2015年の代表では4人が主将を務め、計8人が幹部となった。

【主将】
郡司 裕也仙台育英ー慶應大ー中日)
森下 暢仁大分商-明治大-広島)
勝俣 翔貴東海大菅生-国際武道大-オリックス)
篠原 涼敦賀気比-筑波大-ENEOS)

【副主将】
津田翔貴(浦和学院-東洋大-Honda)
宇草 孔基常総学院-法政大-広島)
杉崎 成輝東海大相模-東海大-JR東日本)

【選手会長】
豊田 寛東海大相模-国際武道大-日立製作所)

 2017年代表は最終学年で活躍出来るか注目だ。