ドラ1・早川隆久(木更津総合出身)にとっても、東北楽天にとっても背番号「21」は価値が大きい

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.12.06

早川 隆久(木更津総合-早稲田大-東北楽天)

 東北楽天ドラフト1位の早川 隆久木更津総合出身)の背番号「21」に決まった。

 早川にとっても、東北楽天球団にとっても大きい背番号だ。まず背番号「21」は、憧れとしていた和田 毅(浜田出身)がホークス在籍期間ずっと背負っていた番号だ。早川は早稲田大の先輩である和田に対して憧れを持っており、これまでの取材で、「今の僕のストレートは和田さんと比べると棒球」と話すぐらい。

 そして東北楽天の背番号21は通算107勝をあげた岩隈 久志(堀越出身)が背負った背番号だ。今年までは釜田 佳直金沢出身)が着用していた。

 この背番号「21」とともに東北楽天のエースへの階段を登っていけるか注目をしていきたい。

【関連記事】
2021年センバツ大会(第93回大会)の今後の日程と出場校候補一覧 【ニュース - 高校野球関連】
外野手から155キロ左腕となった楽天ドラ1・早川隆久のエリート街道 【ニュース - 高校野球関連】
第285回 2021年ドラフト候補 高校生期待度ランキング30 投手大豊作の世代で1位になったのは…? 【ドラフト特集コラム】
第1028回 コロナ禍があっても千葉は戦国千葉だった【2020年総括】【大会展望・総括コラム】
第1292回 千葉で難攻不落の存在となった篠木健太郎(木更津総合)の3年間の軌跡 【2020年インタビュー】
第28回 卒業生1位は今年復活を遂げたあのスター!2020年選手名鑑人気ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第156回 パ・リーグ新人王候補・小深田大翔(神戸国際大付出身)がこぶちゃんと呼ばれた高校3年間【恩師が語るヒーローの高校時代】
第283回 来年の世代屈指の大型左腕候補・久野悠斗(報徳学園)を要チェック!【ドラフト特集コラム】
常総学院vs東海大甲府【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
常総学院vs木更津総合【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第1271回 指揮官も絶賛する高校通算32本塁打・土井翔太(郡山)が近畿大会で得た経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1100回 東都三部に潜む153キロ右腕・近久輝(東農大)の成長の原点は高校時代のコーチがあったから【後編】 【2020年インタビュー】
第1099回 藤嶋の陰に隠れて、プロ注目の153キロ右腕となった近久輝(東農大)。劣等感を抱えていた東邦時代【前編】 【2020年インタビュー】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】
木更津総合vs東京学館【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
木更津総合vs千葉英和【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
木更津総合vs八千代松陰【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
早川 隆久(木更津総合) 【選手名鑑】
木更津総合 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【ヤクルト】地元校出身の現役選手は清水昇(帝京出身)、長谷川宙輝(聖徳学園出身)のみ
次の記事:
戦力外通告を受けた東大卒・宮台康平。恩師の浜田氏「野球への火は消えていない」
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る