11月28、29日の土日を最後に2020年シーズンの対外試合が終了となり、12月からはアウトオブシーズンに突入した。3月の解禁日までそれぞれが鍛錬を積む日々を過ごすが、岡山県高等学校野球連盟では28、29日に1年生を対象に肩ひじ検診を実施した。

 この取り組みは2019年より始まったもので、今年は2回目の開催。前回は投手のみに絞って開催したが、今回は全部員を対象に肩と肘の状態を検査した。28日には北部、東部地区のチーム、29日は西部地区のチームが受診。エコーや可動域などの状態を確認した。

これに参加した岡山学芸館宇地原 丈智は意識の変化があったとのことだ。
「初めて受けましたが、簡単に肩と肘を確認できました。日ごろからストレッチをしていますが、いつケガするかわからないので、しっかりやろうと思いました」

 チーム内でも怪我をしないように再び意識をするなど、意識に変化が生まれたとのこと。佐藤監督も「なかなか気づけないところもありますので、ありがたいですね」と取り組みに感謝の言葉を残している。

 球数制限を導入したことをきっかけに、投手の肩、肘を守る動きが徐々に広がってきた。選手たちの選手寿命を少しでも伸ばすという意味でも、こういった活動が広がっていってもいいのではないだろうか。