太田龍(れいめい出身)の今季最終登板は1回7失点KO。数少ない巨人の社会人組投手は勝負の2年目へ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.30

太田龍(れいめい-JR東日本-読売)

 11月28日に行われたフェニックス・リーグの巨人対ソフトバンクの一戦で巨人先発の太田 龍が大炎上した。太田は1回7失点、被安打5、与四球2とめった打ちにあいノックアウト。1年の締めくくりを好投で飾ることはできなかった。

 太田は2019年ドラフト2位で指名され、JR東日本から巨人へと入団した社会人出身の投手である。

 巨人の投手陣を見ると生え抜きの選手で社会人出身の選手は少ない。エースの菅野 智之(東海大)や中継ぎとしてブレイクした中川 皓太(東海大)のような大卒組。戸郷 翔征聖心ウルスラ高)や田口 麗斗広島新庄高)といった高卒組で構成されている。2020年シーズン、一軍登板を果たした社会人出身の投手は、ひとりもいなかった。

 巨人が社会人出身の投手を指名するのは谷岡 竜平(東芝/2016年3位)と池田 駿(ヤマハ/2016年4位)以来、3年ぶりでもあった。その谷岡は肩の手術を受けたこともあり、今シーズンから育成での契約。そして池田は、シーズン途中に楽天へとトレードで移籍しており巨人での出場はなかった。

 その他に在籍している社会人出身の投手は田原誠次(三菱自動車倉敷オーシャンズ/2011年7位)がいるが、今シーズンは一軍での登板機会はなかった。

 現在、他球団で現役を続けている選手では公文 克彦(大阪ガス)と内海哲也(東京ガス/2003年自由枠)がいる。公文は2012年4位で指名され、大阪ガスから巨人に入団。巨人では4年間で15試合の登板にとどまっていた。しかし2016年オフにトレードで日本ハムに移籍してからは4年間で188試合に登板し、中継ぎとして戦力になっている。

 2000年以降でもっとも巨人で活躍した社会人出身の投手といっても過言ではない内海は、巨人でエース級の活躍を見せ2018年までに133勝をマークした。2018年オフに炭谷 銀仁朗の人的補償として西武へと移籍。今シーズンは移籍後初勝利をマークしている。

 また高木 勇人(三菱重工名古屋/2014年3位)は、ルーキーイヤーに9勝を挙げたもののその後は目立った成績を残すことができず、2017年オフに野上亮磨の人的補償として西武へと移籍する。そこでも結果は残せず昨シーズン終了後に退団し、今シーズンはBCリーグでプレーしていた。

 ドラフト2位という上位指名でプロ入りを果たした太田は、社会人出身の大先輩でもある内海のように結果を残すことができるだろうか。最終登板の悔しさを来シーズン以降にぶつける活躍に期待したい。

【巨人の社会人出身投手】※2000年以降

伊藤 優輔都立小山台高→中央大→三菱パワー/2020年4位)※交渉権獲得
太田 龍れいめい高→JR東日本/2019年2位)
谷岡 竜平成立学園高→東芝/2016年3位)
池田 駿新潟明訓高→専修大→ヤマハ/2016年4位)
高木 勇人海星高→三菱重工名古屋/2014年3位)
公文 克彦高知高→大阪ガス/2012年4位)
田原誠次(聖心ウルスラ高→三菱自動車倉敷オーシャンズ/2011年7位)
土本恭平(土岐商→専修大→JR東海/2009年3位)
上野貴久(帝京高→東洋大→NTT東日本/2006年大・社3位)
栂野雅史(桐蔭学園高→新日本石油/2005年大・社3巡)
野間口貴彦(関西創価高→創価大(中退)→シダックス/2004年自由枠)
内海哲也(敦賀気比高→東京ガス/2003年自由枠)
石川雅実(藤岡高→JR東日本/2001年4位)

【関連記事】
【巨人】大卒ドラ1投手で甲子園出場経験のある投手は何人いる? 【ニュース - 高校野球関連】
高校球児からも人気の小林誠司(広陵出身)。S班スタートを浮上のきっかけにできるか 【ニュース - 高校野球関連】
第158回 中学生で180弱、達人級の牽制術…巨人期待の星・横川凱(大阪桐蔭出身)の中学時代の逸話!【恩師が語るヒーローの高校時代】
第156回 巨人4位・伊藤優輔の高校時代を恩師が語る「中学の実績を一切書かなかった」【恩師が語るヒーローの高校時代】
神村学園vsれいめい【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
第1回 【12球団ドラフト指名予想】巨人1位は佐藤輝明(近畿大)より「ポスト菅野智之」に見合う投手を指名するべき!【プロ12球団ドラフト分析2020】
鹿屋中央vsれいめい【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
れいめいvs加治木【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
れいめいvs鹿児島水産【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
加治木 vs 出水商・薩摩中央・鶴翔・鹿児島第一・蒲生【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第79回 優しい人柄はプロの世界でも。超一流捕手&高卒初のプロ野球選手会会長の炭谷銀仁朗の平安の3年間【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1174回 巨人期待のシンデレラボーイ・戸郷翔征(聖心ウルスラ出身)。大エースの学びを実践し、二桁勝利を狙う 【2020年インタビュー】
第267回 巨人期待のホープ・湯浅大はなぜ指名に至ったのか 元巨人編成部が語るドラフト指名秘話【ドラフト特集コラム】
第1114回 「甲子園に行く」という強い信念が成功をもたらした 八方悠介(鹿児島城西)【後編】 【2020年インタビュー】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
第985回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
上原浩治のピッチング・メソッド
太田 龍(れいめい) 【選手名鑑】
れいめい 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
今季ベストナイン受賞・田村 龍弘捕手(千葉ロッテ)の逸話を恩師・仲井宗基監督が語る!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る