清宮幸太郎(早稲田実出身)、万波中正(横浜出身)ら若手スラッガーが取り組む4種類の打撃練習

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.30

坂を使いながらバッティング練習に励む清宮幸太郎(早稲田実業出身)

 2015年の日本一を最後にペナントでの優勝から遠ざかっている北海道日本ハムファイターズ。また2020年シーズンが終わり、有原 航平広陵出身)と西川 遥輝智辯和歌山出身)のポスティングを容認するなど、チームの入れ替えが徐々に始まってきている。

 そんななか、宮崎県で先日まで開催されていたフェニックスリーグでは未来の主力候補たちがアピール合戦を繰り広げた。28日には阪神を相手に8対1で勝利をおさめたが、試合後のグラウンドを見ていると、様々な練習が実施されていた。

 基本的にはバッティング練習が中心のメニュー。フリーバッティングは手投げの1ヶ所のみして、清宮 幸太郎早稲田実業出身)や万波中正(横浜出身)らが気持ちよく打ち込んでいた。それよりも気になったのは周りの練習。合計4ヶ所で打撃練習が実施されていた。

・ロングティー
ゲージのすぐ隣で実施されていたロングティー。高校野球でもよくある斜め前よりトスを上げてもらい、選手が打球を飛ばしていくメニュー。ただ、日本ハムの練習は少し違う。踏み出す足の方に坂のようなものを用意して、そこに足を乗せた状態から打つ。この状態を作ることで軸足に重心が乗りやすい構えになるが、それ以上にきちんと重心移動で踏み込み足に乗せてあげないと打球を飛ばせない。

 また合間にはメディシンボールをもって、その場で数秒間ツイストするメニューも組み込まれていた。これもただ両腕で身体をツイストさせるのではなく、下半身からきちんと動き出して捻ることに注意していた。こうしたところからも下半身主導で動き出していくことの重要性を伝えようとして言うのがわかった。

・ハーフバッティング
ロングティーの隣では、短い距離でのハーフバッティング。ここでは打つ際に工夫等はなかったが、大事なことは隙間に組み込まれたトレーニング。水の入ったバックを腕で抱えてこんで、サイドステップで反復横跳びを実施。この動作をすると1本足で立つ際、水が入っているためにバランスが崩れやすくなっている。そのためバランス感覚はもちろんだが、体幹を中心にどれだけ安定した姿勢を保って動作の切り替えに移れるか。体幹の重要性を再認識させるメニューとなっているのが印象的だった。

・ティーバッティング(連続ティー)
バックネットでは、高校野球でも多く実施されている連続打ちが実施されていた。ここではとにかく選手たちがバットを振り続けており、スイングするための体力や腕力を強化。ただ高校野球以上にハイテンポでスイングをしていたあたりは、さすがプロ野球と感じさせる内容となっていた。

・ティーバッティング(股割り)
多くの選手が辛そうにしていた股割り状態でのティーバッティング。重心を落とした状態で構え、低めにトスされたボールを選手たちは打ち返していく。これが60球程度続くのだから、かなり厳しい練習となっている。だがここにもポイントがある。それは膝の使い方。腕だけでスイングをするのではなく、膝で前へ送り出してあげることで、力強い打球を飛ばしていく。トレーニングを兼ねてのメニューとなっているが、こうしたところにも技術力向上のためのメソッドは詰まっている。

 以上、フリーバッティングの周りで行われていた4種類のメニューを紹介してきたが、共通して言えることは下半身や体幹の重要性を確認させることにあった。ロングティー、股割りでのティーバッティングでは、いかに前へ重心を乗せられるか。そのために膝の使い方をどうすればいいのか。

 また、ハーフバッティングやロングティーの合間のツイスト動作では体幹に刺激を与えて、打撃の中で使えるようにするなど、工夫が詰まっていた。

 これが冬場に入り、地道なトレーニング等が増えていく高校野球。これがオフシーズンの参考となれば幸いである。

【関連記事】
沢村賞の大野ら中堅の活躍光るも若手は...中日投手陣の近年上位指名組の成績 【ニュース - 高校野球関連】
佐々木朗希ら3人が1軍キャンプとなった2019年高校四天王の現在 【ニュース - 高校野球関連】
第1029回 高卒プロ入り7名は過去5年と比較しても最多。2020年の神奈川高校野球は人材面では大豊作だった【大会展望・総括コラム】
第1027回 本田峻也(東海大菅生)など好左腕が続々!東京都の2020高校野球を総括【大会展望・総括コラム】
第156回 2018年U-15代表の現在地。期待通りに成長した剛腕や予想以上の成長を見せた技巧派サイドなど多種多様!【高校野球コラム】
横浜隼人vs加藤学園vs国士舘【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
横浜隼人vs東京実vs滑川総合【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
二松学舎大附vs早稲田実業【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
早稲田実業vs大森学園【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
早稲田実業vs郁文館【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第150回 「打撃だけなら歴代No.1」佐倉シニア時代の恩師が語る横浜・度会隆輝【高校野球コラム】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
第1172回 高校野球界から中学アカデミーへ転身を遂げた知将・島田 達二氏(元高知高監督)が提示する育成案 【2020年インタビュー】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第1023回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)目指すは絶対優勝とプロ入り 【2019年インタビュー】
第1027回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)ドラフト候補へ駆け上がるきっかけとなったコーチの存在 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
試合で役立つメンタルマネジメント
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
万波 中正(横浜) 【選手名鑑】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜氷取沢 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
近大新宮が好スタート!【和歌山県高校野球新人戦】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る