2011年、横浜に完投勝利を挙げ騒がれた松田遼馬(波佐見出身)が戦力外に

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.28


高校時代の松田遼馬(波佐見)

 福岡ソフトバンク・松田 遼馬波佐見出身)の戦力外が決まった。

 波佐見高時代は3年春に乙坂 智(横浜DeNA)、近藤 健介(北海道日本ハム)などタレント揃いの優勝候補・横浜相手に完投勝利を挙げ、当時の長崎県ナンバーワン右腕として注目を浴び、ドラフト5位で阪神に入団。プロ2年目に27試合に登板し、プチプレス。2015年~2017年の3年間で20試合以上に登板。福岡ソフトバンクに移籍した2年目の2019年には51試合に登板し、日本一を経験している。

 今年は一軍未登板に終わったが、二軍で36試合に登板し、防御率2.25、40回を投げて41奪三振とまだ26歳と層の厚い福岡ソフトバンクだからこそ構想外になったとも受け取れる。これほどの投手ならば、FA戦線に敗れ、かつ中継ぎが手薄な球団が手を挙げる可能性も高い。いずれにしろ現役続行はなるか注目だ。

【関連記事】
佐々木朗希ら3人が1軍キャンプとなった2019年高校四天王の現在 【ニュース - 高校野球関連】
【選手名鑑】各地にいた大砲候補!春以降の活躍に期待の左打者10名! 【ニュース - 高校野球関連】
第1029回 高卒プロ入り7名は過去5年と比較しても最多。2020年の神奈川高校野球は人材面では大豊作だった【大会展望・総括コラム】
第156回 2018年U-15代表の現在地。期待通りに成長した剛腕や予想以上の成長を見せた技巧派サイドなど多種多様!【高校野球コラム】
横浜隼人vs加藤学園vs国士舘【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
横浜隼人vs東京実vs滑川総合【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
第150回 「打撃だけなら歴代No.1」佐倉シニア時代の恩師が語る横浜・度会隆輝【高校野球コラム】
東海大相模vs横浜【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
第14回 甲子園のヒーローは指導者の道へ。近田怜王さん(報徳学園出身)にとって高校野球とは人生そのものだった vol.4【甲子園のヒーローに会いに行く】
東海大相模vs相洋【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
星槎国際湘南vs相洋【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
松田 遼馬(波佐見) 【選手名鑑】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
波佐見 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜氷取沢 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
今年の巨人育成枠で支配下に最も近い徳島インディゴソックス・戸田懐生(東海大菅生-KTCあおぞら)が仮契約!
次の記事:
【動画】打っても通算12本塁打!怪物・ハッブス大起(上尾シニア)のブルペン投球がエグすぎた
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る