鳴門の豪腕として騒がれた150キロ右腕・中山晶量(鳴門-明治大)が徳島インディゴソックスへ!!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.27


高校時代の中山晶量(鳴門出身)

 徳島インディゴソックスは11月24日、特別合格選手を発表した。その中に明治大・中山 晶量鳴門出身)の名前があった。

 中山は鳴門高時代、1年夏から甲子園に出場。2年生には最速146キロまで伸ばしたが、目立った活躍はなく、3年夏は盛岡大附戦で本塁打を放っている。

 明治大時代は計4試合登板にとどまったが、それでも最速150キロまで伸ばし、才能の高さを高く評価された。

188センチ89キロと上背もあり、ポテンシャルも素晴らしいものがある。先にプロ入りしている左腕エース・河野 竜生と同じ舞台でプレーを実現するために、2021年は大車輪の活躍を見せていきたい。

【関連記事】
ドラ1左腕、早期で引退、独立リーグからプロ入りなど紆余曲折が多い2016年の千葉の好投手たちの現在地 【ニュース - 高校野球関連】
2021年センバツ大会(第93回大会)の今後の日程と出場校候補一覧 【ニュース - 高校野球関連】
第1028回 3年ぶり「高卒ドラフト指名」に期待!四国地区高校野球・2021年を占う【大会展望・総括コラム】
第1028回 大学生、社会人の奮闘に「令和版・四国スタイル」。2020年の四国地区高校野球を振り返る【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs鳴門【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
小松vs鳴門渦潮【2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会】
鳴門vs徳島商【徳島県 2020年秋の大会 徳島県秋季大会】
鳴門vs徳島商【徳島県 2020年夏の大会 徳島県高等学校優勝野球大会】
鳴門渦潮vs板野【徳島県 2020年夏の大会 徳島県高等学校優勝野球大会】
第1174回 期待の3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ) 磨き続けたストレートを携え、先発ローテーション入りへ【後編】 【2020年インタビュー】
第1173回 独立からプロへ進んだ期待の星!優勝の歓喜、そして壁を痛感した3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1141回 投手として開花しつつある入江大生(明治大)。一発勝負のリーグ戦でドラフト上位へ躍り出るか? 【2020年インタビュー】
第1141回 一塁コンバートから始まった甲子園3試合連続本塁打。入江大生(明治大)が振り返る作新学院時代の思い出 【2020年インタビュー】
第1141回 2016年甲子園優勝メンバー・入江大生(作新学院出身)を変えた3年春の県大会 【2020年インタビュー】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第1008回 「冬の野球自由研究」春・そして夏の開花へ 県立城東(徳島)【野球部訪問】
中山 晶量(鳴門) 【選手名鑑】
鳴門 【高校別データ】
鳴門工 【高校別データ】
鳴門第一 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
立浪二世と騒がれた吉川大幾(PL学園出身)も戦力外に
次の記事:
ベイスターズ3位の松本隆之介(横浜出身)と元DeNAの荒波翔(横浜出身)の共通点とは
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る