木下 幹也(横浜)が巨人と育成枠契約を結んだ。木下は好調時は140キロ後半の速球、130キロ近い高速フォークを武器にする投手だ。

 ただ不調になると、肩周りがしなやかな投手ではないので、140キロ前後の鈍いストレートになるのが課題。一気に球速を伸ばすタイプではなく、じわじわと実戦力を身に着けて支配下枠を狙う投手になるのではないだろうか。

 世田谷西シニアでは山本 泰寛(慶應義塾―慶應義塾大―巨人)以来のNPB選手。数少ないセタニシ出身のプロ野球選手として活躍することを期待したい。


関連記事
【選手名鑑】木下 幹也
方針はあくまで底辺拡大。名門・世田谷西シニアが「勝利」でなく「野球の楽しさ」を追及する理由
U-15代表の田上遼平(世田谷西シニア) ジャイアンツカップ優勝、アジアナンバーワンの実績を引っさげて高校野球へ