オリックス期待の捕手・若月健矢(花咲徳栄出身)は来季から背番号「2」を背負うことが決まった。

 6年連続で高卒プロ入り選手を輩出している花咲徳栄。2013年にプロ入りしている若月だが、入学時期の力量はその後、高卒プロ入りしている後輩たちと比べて、劣っていたという。岩井隆監督は「本当にバットが当たらなかった選手。プロ云々というのは全く想像できなかった選手」と振り返る。

 それでも努力を続け、2年秋から一気に成長し、関東屈指の強肩捕手として注目された。3年春の選抜の前に取材に赴いた時、若月の打撃練習、守備練習は今でも覚えている。打撃では本塁打性の打球を連発し、そして守備では鉄砲肩と呼べるスローイングを披露し、まさにプロ注目捕手と呼べるものだった。

 プロ2年目に一軍初出場を果たし、昨年は自己最多の138試合の出場。今年は75試合にとどまったが自己最多の3本塁打と着実に成長を見せている。

 2021年は正捕手として活躍できるか注目だ。

関連記事
【選手名鑑】高校時代の若月健矢を徹底分析!
若月の存在によって始まった高卒プロを次々と送り出す育成機関・花咲徳栄
高校通算50本塁打の井上朋也がソフトバンクに1位指名!花咲徳栄は6年連続でプロ。そして初の高卒ドラ1!