早くも「打倒巨人」の心意気!広島東洋カープ5位・行木 俊(横芝敬愛-徳島インディゴソックス・投手)が仮契約

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.24

「早く赤いユニフォームを着て頑張りたい」



仮契約を終えボールを指し示す広島東洋カープ5巡目指名・行木 俊投手(写真提供:徳島インディゴソックス)

 さる10月26日(月)に行われた「2020年プロ野球ドラフト会議suppportedリポビタンD」で広島東洋カープから5巡目指名巡目を受けた四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスの行木 俊 (なみき・しゅん/2001年1月8日生まれ・184センチ76キロ・右投右打・横芝敬愛<千葉>卒2年目)投手が、11月21日(土)・徳島県徳島市の阿波観光ホテルにおいて同球団との仮契約交渉に臨み、契約金2000万円・年俸550万円(金額はいずれも推定)での仮契約を結んだ。

 仮契約後、広島東洋カープの白武 佳久スカウト部長(中四国地区担当)、父・久勝さん、母・照代さんと共に記者会見に出席した行木投手は代表質問に対しても終始笑顔。代表質問では「率直に嬉しいし、早く赤いユニフォームを着て頑張りたい」と第一声を語った後、理想とすべき投手像を問われると3歳先輩・今季、大卒ルーキーにして10勝3敗・防御率1.91と素晴らしい成績を残した森下 暢仁大分商<大分>~明治大)を目標に上げつつ「大事な試合を任される、勝てるピッチャーを目指していきたい」と力強く抱負を述べた。

 対戦したい相手としても坂本 勇人光星学院<現:八戸学院光星>(青森)出身)、岡本 和真智辯学園<奈良>出身)といったセ・リーグ覇者・読売ジャイアンツの中心打者の名を上げ「真っ向勝負で行きたい」と話すなど早くも「打倒巨人」の心意気を示している。

 横芝敬愛時代は最速138キロも最終学年では故障に苦しみ、徳島インディゴソックス入団初年度は四国アイランドリーグplus公式戦登板なし。今年も練習生契約からはじまったものの身体の動かし方を含めたトレーニングが功を奏して9月に最速153キロと急成長し、リーグ戦通算10試合登板で3勝2敗・42回3分の1を投げ被安打32・奪三振21・10四死球・防御率1.28で2年連続リーグ優勝の原動力となった行木。

 今後は白武スカウト部長が要望する「細かいコントロールを付けての」先発完投型右腕を目指し、まずは12月15日(火)の新入団選手発表会を経て「スタンドの熱い声援に応える」土台を作る若鯉1年目へ挑んでいく。

(記事:寺下 友徳


【関連記事】
広島東洋カープ・石原 慶幸選手が伝授!「高校球児向け捕手基礎講座・コミュニケーション」 【ニュース - インタビュー】
まさに繊細。無失策男・菊池涼介(武蔵工大二出身)が明かしたグラブのこだわり 【ニュース - パートナー情報】
第1174回 期待の3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ) 磨き続けたストレートを携え、先発ローテーション入りへ【後編】 【2020年インタビュー】
第1173回 独立からプロへ進んだ期待の星!優勝の歓喜、そして壁を痛感した3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動【徳島の高校野球】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第1062回 岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」 【2019年インタビュー】
第5回 「投手を中心に高校生の指名を」スポーツライター・小関順二さんが広島東洋カープのドラフトを分析!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第58回 秋の四国で見つけたダイヤの原石 徳島インディゴソックスの「ドラフト候補クインテット」【四国発】
黒田博樹 世界を制する投球術

コメントを投稿する

前の記事:
エース左腕・毛利 海大が躍動!福岡を制し九州準Vの福岡大大濠のこの秋の戦いぶりを振り返る
次の記事:
中日は地元のスター候補・髙橋宏斗(中京大中京)など6名の超高校級の逸材を指名!【ドラフト総括】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る