東京六大学・立教大は新主将を発表。太田 英毅智辯学園出身)の就任が決まった。神戸中央シニア時代から騒がれた逸材で、1年秋の近畿大会では先頭打者弾を放ち、2年春ではセンバツ優勝を果たした。2年夏も甲子園に出場し、3年春のセンバツでは当時の大会屈指の右腕・山口 翔熊本工-広島)から本塁打を放ち、ドラフト候補として注目を浴びた。

 高卒プロを選ばず、立教大へ進学。通算32試合で3本塁打、10打点、打率.174となっている。

 当時の智辯学園の同学年では此の秋、リーグMVPとなった福元 悠真、今年、ドラフト候補として注目されながらも指名漏れとなった智辯学園(HONDA鈴鹿)がいる。

 

 3人とも来年、過去最高のパフォーマンスを残せるか注目だ。