12球団最多の支配下指名も、高卒は高寺望夢(上田西)1人のみ!阪神の高卒選手【ドラフト総括】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.21

 10月26日、2020年プロ野球ドラフト会議が行われ、総勢123人(支配下74人、育成49人)が指名を受けた。高卒選手に限ると、プロ志望届を提出した216人のうち、52人(支配下30人、育成22人)という結果だった。そこで今回は、各球団からドラフト指名を受けた高卒選手にスポットを当て、ドラフトを総括したい。第10回では阪神タイガースを見ていこう。

昨年の5人とは打って変わって高卒は1人のみ



7位指名を受けた高寺 望夢(上田西)

 支配下では12球団最多の8人に、育成1人と合計9人を指名した阪神。うち高卒は1人のみ(支配下1人)となった。

 唯一の高卒指名となったのは、7位の髙寺 望夢だ。上田西では1年春から公式戦に出場し、高校通算31本塁打。遠投110mの強肩に俊足を活かした遊撃守備と、三拍子揃った選手だ。甲子園出場はないものの、9月の合同練習会では6打数5安打2四球と、そのバットコントロールの良さをアピールした。

 支配下6人中5人の高卒を指名した昨年のドラフトとは打って変わり、今秋ドラフトでは支配下8人のうち高寺1人のみの指名となった阪神。チームの来季への意気込みが伝わってくるドラフトとなったが、昨年、今年と指名した高卒選手たちが主力となるであろう数年後も、楽しみにしていきたい。

【高卒指名選手一覧】
7位 髙寺 望夢上田西) 内野手

(記事:林 龍也)

【関連記事】
高卒1年目で計12本塁打。井上広大(履正社出身)にワクワクが止まらない 【ニュース - 高校野球関連】
山本泰寛が阪神へトレード。その他の慶応高→慶応大ルートの現役プロ野球選手は? 【ニュース - 高校野球関連】
飯山vs上田西【長野県 2020年夏の大会 夏季高等学校野球長野県大会】
上田西vs松商学園【長野県 2020年夏の大会 夏季高等学校野球長野県大会】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
上田西vs津幡【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第2回 1年秋から上田西のエースナンバー 長野県の注目右腕・阿部 巧雅【長野の高校野球】
第968回 長野県秋季大会展望 北信越大会に出場するのはどこだ!【大会展望・総括コラム】
飯山vs上田西【長野県 2019年夏の大会 第101回選手権長野大会】
上田西vs長野日大【長野県 2019年夏の大会 第101回選手権長野大会】
第176回 阪神タイガース 鳥谷 敬選手 【後編】 【2014年インタビュー】
第175回 阪神タイガース 鳥谷 敬選手 【前編】 【2014年インタビュー】
髙寺 望夢(上田西) 【選手名鑑】
上田西 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
明治大の新主将は高校日本代表経験のある俊足・ 丸山 和郁(前橋育英出身)が就任!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る