直江大輔(松商学園出身)、山下航汰(健大高崎出身)など育成枠契約になりそうな逸材たち

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.20

直江大輔(松商学園-ジャイアンツ)

 巨人が編成を巡って大きく動いている。怪我により長期リハビリをしている選手が育成枠が検討されている。特にこの4人は復活を期待されている。

堀田 賢慎青森山田)2019年ドラフト1位
鍬原 拓也北陸-中央大)2017年ドラフト1位
直江 大輔松商学園)2018年ドラフト3位
山下 航汰健大高崎)2018年育成

 まず堀田はトミージョン手術からの復帰を目指しているが、高校時代に見せた破壊力抜群のストレートは圧巻。フォーム作りを慎重に進めていき、復活を果たせば楽しみな存在。鍬原も右スリークォーターから140キロ後半の速球とシンカーの切れ味は素晴らしい投手。直江も今季一軍デビューを果たし、3試合に登板。140キロ前半ながらスライダー、フォークの切れ味は抜群。完成度が高い好投手。

 そして山下は1年目でファームで首位打者を獲得。この4人が復活すれば、巨人としてはさらに競争が激しくなるだろう。特に山下は巨人の選手の中でも上位に入る打撃技術の高さがある。厳しい宣告となったが、ぜひ復活して、支配下登録選手に返り咲き、巨人の勝利に貢献できる選手となってもらいたい。


関連記事
未来のスター選手がズラリ!高校時代スター選手だったヤングジャイアンツたち
ジャイアンツの強打の裏にメジャー式練習。打撃練習から見つかった常勝軍団の工夫
一軍を目指して!ヤングジャイアンツが実践する中継プレーの「キホン」

【関連記事】
戸郷、根尾ら52人が新成人!プロ野球、今年の新成人選手一覧 【ニュース - 高校野球関連】
戸郷翔征(巨人)が7回を投げ切る!目指すは桑田、槙原らも達成した高卒2年目、10勝、100回、100奪三振! 【ニュース - 高校野球関連】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集コラム】
第164回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.7「直江大輔、梶田蓮、斎藤大輝」【ドラフト特集コラム】
第132回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(東日本編)【ドラフト特集コラム】
直江 大輔(松商学園) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

次の記事:
2019年甲子園出場!新鋭・岡山学芸館はどうして数字を明確にするのか
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る