今秋、広島新庄が中国大会初優勝を飾り、2年連続で選抜大会出場権獲得に大きく前進した。そんな広島新庄のこの秋の戦いぶりを振り返っていく。

中国大会決勝   下関国際 3-2
中国大会準決勝  鳥取城北 4-3
中国大会準々決勝 桜ケ丘 3-2
中国大会1回戦  鳥取西 10-0
広島大会決勝   盈進 1-0
広島大会準決勝  西条農 8-1
広島大会準々決勝 広陵 9-2
広島大会2回戦  呉 9-2
広島大会1回戦  崇徳 5-1

 広島大会準々決勝では、夏の広島独自大会準々決勝で敗れた広陵を7回コールドで下しリベンジを果たした。決勝の盈進戦では1対0で投手戦を制し、宇多村聡監督の就任初年度で見事優勝を果たした。今年のチームはエースで4番を務める花田 侑樹、左腕の秋山 恭平の2人の投手陣を中心に堅い守備が持ち味だ。中国大会準々決勝からは全て1点差ゲームそ制しており、打撃も勝負強さがひかる。

 無事出場が決定となれば、選抜大会ではどんな戦いぶりを見せてくれるだろうか、期待したい。