初の秋季中国王者に輝いた広島新庄のこの秋の戦いぶりを振り返る!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.20

広島新庄の選手たち *2020年1月の野球部訪問より

 今秋、広島新庄が中国大会初優勝を飾り、2年連続で選抜大会出場権獲得に大きく前進した。そんな広島新庄のこの秋の戦いぶりを振り返っていく。

中国大会決勝   下関国際 3-2
中国大会準決勝  鳥取城北 4-3
中国大会準々決勝 桜ケ丘 3-2
中国大会1回戦  鳥取西 10-0
広島大会決勝   盈進 1-0
広島大会準決勝  西条農 8-1
広島大会準々決勝 広陵 9-2
広島大会2回戦  呉 9-2
広島大会1回戦  崇徳 5-1

 広島大会準々決勝では、夏の広島独自大会準々決勝で敗れた広陵を7回コールドで下しリベンジを果たした。決勝の盈進戦では1対0で投手戦を制し、宇多村聡監督の就任初年度で見事優勝を果たした。今年のチームはエースで4番を務める花田侑樹、左腕の秋山 恭平の2人の投手陣を中心に堅い守備が持ち味だ。中国大会準々決勝からは全て1点差ゲームそ制しており、打撃も勝負強さがひかる。

 無事出場が決定となれば、選抜大会ではどんな戦いぶりを見せてくれるだろうか、期待したい。

【関連記事】
新生・広島新庄が初戦突破!広島新庄らしく完封勝利で2回戦へ! 【ニュース - 高校野球関連】
近年、広島県内でしのぎを削る広陵と広島新庄。直近10回の対戦成績を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】

コメントを投稿する

前の記事:
【ドラフトニュース】大学代表経験持つ小川龍成や大阪桐蔭OB・中山遥斗らがプロ志望届提出!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る