2季連続で県制覇!今年の千葉の顔となった木更津総合のこの秋の戦いぶりを振り返る!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.19

優勝を果たした木更津総合

 8月18日に夏の独自大会決勝(専大松戸戦)を戦い優勝を果たし、その6日後の8月24日には秋季地区予選がスタートした木更津総合。昨秋王者の習志野が地区予選の初戦敗退という波乱もありながらも木更津総合は順当に勝ち進み、県決勝戦はサヨナラ勝利で5年ぶり5度目の優勝を果たした。そんな木更津総合のこの秋の戦いぶりを振り返る。

関東大会準々決勝 常総学院 1-9
千葉大会決勝   東京学館 5-4
千葉大会準決勝  千葉英和 6-1
千葉大会準々決勝 八千代松陰 8-1
千葉大会3回戦  拓大紅陵  6-2
千葉大会2回戦  市立銚子 11-1
千葉大会1回戦  市立松戸 7-0
地区予選2回戦  姉崎   12-0

 千葉大会では計7試合で55得点9失点と投打で強さを見せた。昨年のエース・篠木 健太郎が抜けても、島田 舜也越井 颯一郎、金綱伸悟など140キロに迫る速球を投げ込む投手陣は今年も健在だ。

 期せずして、今年のドラフトで4球団が競合し東北楽天が交渉権を獲得した早稲田大の早川 隆久を擁した2015年以来の秋制覇となり、2季連続で千葉王者となった。まさに2020年千葉高校野球の主役は木更津総合だったと言えるだろう。関東8強という成績で終え、来春の選抜大会出場の可能性も残している。来年以降も木更津総合には注目したい。

【関連記事】
木更津総合出身最高の投手・井納 翔一がFA権を行使! 【ニュース - 高校野球関連】
野尻幸輝(木更津総合出身)など甲子園経験者がズラリ!東京六大学の新人戦に出場した法政大のスタメンが凄い! 【ニュース - 高校野球関連】
常総学院vs東海大甲府【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
常総学院vs木更津総合【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第268回 春秋とも10超え!競合必至の早川隆久(木更津総合ー早大)のK/BBが異次元すぎる…!【ドラフト特集コラム】
第149回 高校時代、公式戦出場0の比護涼真(木更津総合出身)が関東学園大の正捕手へ【高校野球コラム】
木更津総合vs東京学館【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
木更津総合vs千葉英和【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
木更津総合vs八千代松陰【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
第1017回 木更津総合、専大松戸の同ブロックには強豪が点在!千葉開催の関東大会をかけた千葉県大会は初戦から熾烈!【大会展望・総括コラム】
第1016回 篠木健太郎が期待通り主将・エース・主軸打者として躍動。2年ぶりの優勝を果たした木更津総合を徹底総括【大会展望・総括コラム】
第1016回 戦国千葉2020を制するのは木更津総合か?専大松戸か?決勝戦の見どころを紹介!【大会展望・総括コラム】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
第962回 東海大相模相手に深めた自信を胸にライバルたちをねじ伏せる! 篠木健太郎(木更津総合)【後編】 【2019年インタビュー】
第960回 伸びのある快速球のルーツは中学2年秋。変化球の重要性を感じた甲子園 篠木健太郎(木更津総合)【前編】 【2019年インタビュー】
第953回 18番の重みと責任を一身に背負い、早川隆久(早稲田大)は力と技で優勝に導く 【2019年インタビュー】
木更津総合 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【ドラフトニュース】大学代表経験持つ小川龍成や大阪桐蔭OB・中山遥斗らがプロ志望届提出!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る