智辯和歌山のクローザー・小林樹斗に遠投120m捕手・二俣翔一ら広島東洋の高卒選手たち【ドラフト総括】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.18

 10月26日、2020年プロ野球ドラフト会議が行われ、総勢123人(支配下74人、育成49人)が指名を受けた。高卒選手に限ると、プロ志望届を提出した216人のうち、52人(支配下30人、育成22人)という結果だった。そこで今回は、各球団からドラフト指名を受けた高卒選手にスポットを当て、ドラフトを総括したい。第8回では広島東洋カープを見ていこう。

潜在能力の高いバッテリーを指名



小林樹斗(智辯和歌山)

 支配下6人、育成1人の合計7人を指名した広島東洋。うち高卒は2人(支配下1人、育成1人)となっている。

 4位の小林 樹斗智辯和歌山)は、ドラフト上位候補とも目されていた最速152キロ右腕だ。2年春・夏と甲子園を経験し、3年夏には和歌山大会を制すると、続く甲子園交流試合でも救援マウンドに上がった。速い上に球質が非常に良く、空振りが奪えるストレートが武器の本格派だ。

 育成1位の二俣 翔一磐田東)は甲子園出場こそないものの、身体能力の高い強肩捕手だ。打っては高校通算21本塁打、遠投120mに加え、マウンドに上がれば最速146キロを計測する。捕手になったのは2年春からとまだ経験は浅いが、広島東洋での飛躍に期待したい。

 1位から3位までは大学・社会人の即戦力投手を指名した広島東洋だが、小林、二俣と潜在能力の高い高卒選手の指名に成功した。2人ともファームでじっくり力を付ければ、いずれは主力を担えるだけのポテンシャルを持つ存在だ。

【高卒指名選手一覧】
4位 小林 樹斗智辯和歌山) 投手
育成1位 二俣 翔一磐田東) 捕手

(記事=林 龍也)

【関連記事】
ファーム打率2位の成績を残した2年目の小園海斗(報徳学園出身) 来季はレギュラー奪取となるか? 【ニュース - 高校野球関連】
智辯和歌山史上最高打者・西川遥輝(北海道日本ハム)は史上初のメジャーリーガーになれるのか? 【ニュース - 高校野球関連】
第154回 超強肩捕手・二俣翔一(磐田東)など有力捕手の映像を見ながらスローイングを学ぶ!【高校野球コラム】
第1256回 今年の超強肩捕手・二俣翔一のスローイングはまさに「投手」。目指すは走れる強肩強打の捕手 【2020年インタビュー】
第275回 高校生ナンバーワン打者・内山壮真などドラフト前に覚えておきたい超高校級捕手リスト22名【ドラフト特集コラム】
第270回 【2020年ドラフト】世代屈指の剛腕・小林樹斗(智辯和歌山)の3年間の軌跡【ドラフト特集コラム】
第254回 この4人は別格。中森俊介(明石商)、高橋宏斗(中京大中京)、篠木健太郎(木更津総合)、小林樹斗(智辯和歌山)の魅力とは【ドラフト特集コラム】
第1223回 世代トップクラスの剛腕・小林樹斗(智辯和歌山)は昨夏の米子東戦以上のインパクトのある投球を見せることができるか 【2020年インタビュー】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第657回 広島東洋カープ・新井貴浩(広島工出身)選手「カープの大ベテラン語るスパイク話」 【2018年インタビュー】
第622回 中村 奨成(広陵ー広島東洋カープ) 甲子園新ホームランキングが語る長打論 「トップを作り、軸で振り、フォロー大きく」 【2017年インタビュー】
第551回 広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・コミュニケーション編」【Vol.3】 【2017年インタビュー】
黒田博樹 世界を制する投球術
小林 樹斗(智辯和歌山) 【選手名鑑】
二俣 翔一(磐田東) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る