新日鐵住金かずさマジックに所属する長南 有航横浜出身)の栃木ゴールデンブレーブスの合格が決まった。佐野シニア時代から強打者として活躍。1年春からベンチ入りし、相洋戦でホームランを放ち、プロ入りした万波 中正(北海道日本ハム)とともにスラッガーとして注目を浴びた。

 3年間で高校通算22本塁打を放つまでに成長したが、プロ入りをせず、高卒3年間でプロ入りできる実力をつけるために新日鐵住金かずさマジックに入社したが、2年間で退社を決めた。

 独立は社会人以上に個人の成績が求められる。やりがいはあるが、突出したパフォーマンス、成績を残せなければ、リストに上がることはないシビアな世界だ。果敢に挑戦した長南の活躍を期待したい。