現役引退を決めた山中浩史(必由館出身)がアンダースローになったきっかけ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.16

社会人・Honda熊本時代の山中 浩史

 11月16日、東京ヤクルトの山中 浩史(必由館出身)が引退を決めた。右のアンダースローとしてセ・リーグの強打者を牛耳ってきた山中。 必由館時代は全くの無名。脚光を浴びるようになったのは、当時のドラフトの目玉である東北学院大・岸孝之(名取北出身)に完投勝利を上げる。そしてHONDA熊本に進んでも、都市対抗で活躍し、日本代表に選ばれるなど、社会人屈指のアンダースローとして評価を高め、27歳で迎えた2012年のドラフトでは福岡ソフトバンクから6位指名を受け、入団が決まった。

 入団1年目は17試合に登板したが、防御率5.52と結果を残せず、転機となったのは2014年シーズン途中にトレードで東京ヤクルトへ移籍したこと。2015年にはプロ初完封を達成するなど6勝を挙げ、2016年には自己最多の140回を投げた。今季は6試合に登板し、1勝、防御率5.52に終わり、戦力外が決まった。それでも、9年間で92試合、17勝26敗、2ホールドは健闘したといえるだろう。社会人時代にインタビューした記事を再掲したい。山中がプロを狙えるアンダースローへ成長したのか。その理由がわかるはずだ。

【次のページ】 現役引退を決めた山中浩史(必由館出身)がアンダースローになったきっかけ(2)


【関連記事】
帝京初の1000安打達成者・中村晃が大活躍!ポストシーズンは3本塁打8打点と圧巻の打棒! 【ニュース - 高校野球関連】
木澤尚文(慶應義塾高出身)が仮契約!4年ぶりの慶應義塾高等部出身のドラ1は即戦力で活躍できるか? 【ニュース - 高校野球関連】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第77回 松坂世代の現在 現役を続けている選手 指導者になった選手【高校野球コラム】
第6回 成瀬 善久投手(東京ヤクルト)が語る「開き直りの大事さ」【直伝!成瀬善久の勝つための考え方】
第5回 成瀬 善久投手(東京ヤクルト)が語る「エースのマインド」【直伝!成瀬善久の勝つための考え方】
第4回 成瀬 善久投手(東京ヤクルト)が語る「キレのある球を投げるメカニズム」【直伝!成瀬善久の勝つための考え方】

コメントを投稿する

前の記事:
【秋季東京都大会】5番・小池 祐吏の適時打などで東海大菅生が終盤に4点追加!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る