【東京】関東一vs東海大菅生、二松学舎大附vs日大三の対決は何年ぶり?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.14

決勝進出を果たすのは?

 11月14日、秋季東京都大会準決勝が明治神宮球場で開催される。関東一vs東海大菅生、二松学舎大附vs日大三の直接対決は何年ぶりなのか?

 まず関東一vs東海大菅生の一戦は2019年4月27日に開催された春季東京都大会準決勝以来。東海大菅生が4対3と大接戦を制して、関東大会進出を決めた。関東一も夏へ向けて戦う手応えを掴み、夏の甲子園出場。ベスト8につなげている。

 そして日大三vs二松学舎大附の一戦は2017年の4月15日の準々決勝以来。試合は16対1で日大三が5回コールド勝ち。櫻井 周斗(横浜DeNA)は5回1失点、本塁打を打つ活躍を見せている。

 チームが入れ替わって果たしてどんな試合になるのか見逃せない。

◇11月14日の試合予定

2020年度秋季東京都高等学校野球大会
準決勝 東海大菅生   7  -  5   関東一 明治神宮野球場 レポート 応援メッセージ (11)
日大三   3  -  2   二松学舎大附 明治神宮野球場 レポート 応援メッセージ (21)

【本大会のトーナメント表をチェック!】

【一次予選のトーナメント表をチェック!(全試合終了)】

■試合日程・応援メッセージ
2020年度秋季東京都高等学校野球大会

【関連記事】
【選手名鑑】この秋東京準優勝を成し遂げた日大三の選手を一挙紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
【東京】東海大菅生、関東一、二松学舎、日大三は何年ぶりの決勝進出がかかっているのか? 【ニュース - 高校野球関連】

コメントを投稿する

前の記事:
甲子園に連れてって欲しい!橿原学院マネージャーが語る、毎日の活動の醍醐味は?
次の記事:
関東ナンバーワン右腕・篠木健太郎(木更津総合)を筆頭に法政大合格者15名が凄い!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る