【東京】東海大菅生、関東一、二松学舎、日大三は何年ぶりの決勝進出がかかっているのか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.14

決勝進出を果たすのは?

 11月14日、秋季東京都大会準決勝が明治神宮球場で開催される。4校は何年ぶり決勝戦進出がかかっているのか紹介したい。

関東一    5年ぶり
東海大菅生  2年ぶり
日大三    3年ぶり
二松学舎大附 5年ぶり

 果たして勝ち上がるのはどのチームになるのか?

◇11月14日の試合予定

2020年度秋季東京都高等学校野球大会
準決勝 東海大菅生   7  -  5   関東一 明治神宮野球場 レポート 応援メッセージ (11)
日大三   3  -  2   二松学舎大附 明治神宮野球場 レポート 応援メッセージ (21)

【本大会のトーナメント表をチェック!】

【一次予選のトーナメント表をチェック!(全試合終了)】

■試合日程・応援メッセージ
2020年度秋季東京都高等学校野球大会

【関連記事】
【選手名鑑】この秋東京準優勝を成し遂げた日大三の選手を一挙紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
【東京】関東一vs東海大菅生、二松学舎大附vs日大三の対決は何年ぶり? 【ニュース - 高校野球関連】

コメントを投稿する

前の記事:
修徳中学のエッセンスを注入し、修徳が目指すは8年ぶりの甲子園【後編】
次の記事:
吉田輝星(金足農出身)がフェニックス・リーグ最後の登板で6回2失点、奪三振4。高卒3年目のステップアップに期待
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る