勝率は8割超!9年ぶりに秋の近畿を制した智辯学園の直近10年での秋季大会の成績

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.10

高校通算29本塁打のスラッガー・前川右京(智辯学園)

 今年の秋季近畿大会は智辯学園が9年ぶりに優勝を果たし幕を下ろした。決勝戦は昨秋準決勝で敗れた大阪桐蔭と対戦し、7対3で勝利しリベンジを果たした。そんなそんな智辯学園の直近10年の秋の成績は以下の通り。

2020年 優勝 大阪桐蔭 7-3
2019年 ベスト4 大阪桐蔭 5-6
2018年 県準々決勝 天理 4-12
2017年 ベスト8 乙訓 4-9
2016年 ベスト8 大阪桐蔭 4-6
2015年 ベスト8 大阪桐蔭 4-9
2014年 県準決勝 天理 3-5
    (県3位決定戦 奈良北 6対0)
2013年 ベスト8 龍谷大平安 1-2
2012年 県準々決勝 天理 2-4
2011年 優勝 天理 4-3

 過去10年で県大会ではライバル天理に3度敗戦し、近畿大会では大阪桐蔭に3度敗戦している。それでもこの10年で近畿出場7回、優勝 2回と近畿地区を代表する強豪校として結果を残し続けている。

 次に、直近10年の勝敗数は以下の通り。
2020年 8勝1敗
2019年 7勝1敗
2018年 2勝1敗
2017年 7勝1敗
2016年 6勝1敗
2015年 6勝1敗
2014年 4勝1敗
2013年 6勝1敗
2012年 3勝1敗
2011年 8勝2敗(明治神宮大会含む)

 この10年での秋の大会の成績は57勝11敗で、通算勝率は0.838を誇る。今年のチームは高校通算29本塁打を誇るスラッガー・前川 右京や、エース左腕・西村 王雅を擁し、滋賀学園龍谷大平安市立和歌山、大阪桐蔭と各府県の優勝校と当たるも連戦撃破し優勝を飾った。
 来春の選抜大会も出場が濃厚とされている智辯学園の春以降の戦いぶりにも目が離せない。

(記事=編集部)

【関連記事】
智辯学園に初の甲子園優勝をもたらした村上頌樹が仮契約! 【ニュース - 高校野球関連】
目指すは甲子園で勝つこと。智辯学園エース左腕・西村王雅の武器は巧みな駆け引き 【ニュース - インタビュー】
第1272回 目指すは甲子園で勝つこと。智辯学園エース左腕・西村王雅の武器は巧みな駆け引き 【2020年インタビュー】
第1050回 9年ぶりの近畿大会優勝を果たした智辯学園の猛打を支える実戦的打撃練習【野球部訪問】
智辯学園vs大阪桐蔭【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs市立和歌山【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第280回 「森木世代」はスラッガー揃い。清宮弟、前川、吉野、有薗など10人の全国レベルのスラッガーたち【ドラフト特集コラム】
智辯学園vs龍谷大平安【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs滋賀学園【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1019回 大阪桐蔭、近江、智辯学園らが強豪集う秋季近畿大会。見どころ、注目選手たちを紹介!【大会展望・総括コラム】
第1246回 「プロになりたくて智辯学園を選んだ」 2021年世代屈指のスラッガー・前川右京(智辯学園)が行った高校2年間の意識改革 【2020年インタビュー】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第274回 岡本和真を輩出した智辯学園期待の怪物スラッガー・前川右京の進化の軌跡【ドラフト特集コラム】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
第1014回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第496回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「絶対に打てるという自信を持てるほど練習を重ねていきたい」【後編】 【2017年インタビュー】
西村 王雅(智辯学園) 【選手名鑑】
前川 右京(智辯学園) 【選手名鑑】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【動画】横浜隼人・水谷監督、花巻東・佐々木監督の知られざる素顔 二人に密着した映画監督・山崎エマさんが語る
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る