北川博敏らがOBの大宮東が21世紀枠推薦校に!「史上最弱」世代が4強入りしたことが決め手に!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.09

大宮東ナイン

 各地で開催された秋季大会も残すところ東京だけになってきたが、6日に隣の埼玉県で来春の選抜の21世紀枠の候補校として大宮東を選出したことを発表した。

 学校はさいたま市に学校を構え、卒業生にはバトミントンの奥原希望や元プロ野球選手・北川博敏など多くのアスリートを輩出している。そんな大宮東が選出されたのが、昨年の夏の大会と今秋の県大会でベスト4に入ったことがなどが理由となっている。

 過去に2度の甲子園出場の実績を持つが、現在は河西竜太監督がチームを率い、『闘志なき者は去れ』という精神のもと、打倒・花咲徳栄ということを掲げて普段から熱い練習をしている。

 今年は伝統的な強打ではなく投手力が武器となっている。清水慶斗、そして髙橋亮匡の1年生サウスポー2枚を軸にスタメンの半分が1年生と若いチームで県大会に挑み、河西監督が就任して初めて秋の大会でベスト4まで勝ち上がってきた。「史上最弱」とも呼ばれていた世代だったが、埼玉県の21世紀枠の推薦校に選出された。

 甲子園で校歌を歌う、という目標への第一歩となった今回の選出。今後、関東・東京地区の推薦校に残り、21世紀枠の3校まで残れるか。吉報が届くことを信じ続け、”徹底力”をテーマに来春へ向けて練習を重ねる。

(記事=編集部)

【関連記事】
21世紀枠推薦校・山田(大阪)が履正社を破り、近畿大会に出場した裏側とは【後編】 【ニュース - コラム】
第111回 21世紀枠推薦校・山田(大阪)が履正社を破り、近畿大会に出場した裏側とは【後編】【野球部訪問】
第110回 履正社を破って近畿大会へ!旋風を巻き起こした山田(大阪)の走力は逆転の発想から生まれていた!【前編】【野球部訪問】
履正社を破って近畿大会へ!旋風を巻き起こした山田(大阪)の走力は逆転の発想から生まれていた!【前編】 【ニュース - コラム】
第107回 作新学院を破った石橋(栃木)が21世紀枠の推薦校に選出されるまで【後編】【野球部訪問】
第106回 21世紀枠推薦校!平日2時間練習の石橋(栃木)はなぜ作新学院を破ることができたのか?【前編】【野球部訪問】
細田学園vs大宮東【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
大宮東vs川口市立【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
大宮東vs川口【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
大宮東vs熊谷商【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
浦和実vs大宮東【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1001回 強靭な握力から生まれた伝家の宝刀・ツーシーム 攻めのピッチングで聖地へ 飯島一徹【後編】 【2019年インタビュー】
第4回 第96回選手権埼玉大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
大宮東 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
通算安打記録を抜けるような選手に!履正社から立命館大へ進学した桃谷惟吹(履正社出身)!
次の記事:
奥川恭伸(星稜出身)の今季ラスト登板は6回無失点7奪三振!2年目に弾みをつける!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る