関東大会で8本のホームランを放つ破壊力を発揮して連覇を達成した健大高崎。その健大高崎のグラウンドに、同じ群馬県内のライバル・樹徳、桐生第一の2チームが集まり、群馬私学大会が開催。第1試合で健大高崎樹徳が激突した。

 県内のライバル同士のガチンコ対決は、関東王者・健大高崎がいきなり自慢の強打を見せつける。1番・堀江 晃生がいきなりライトフェンスに突き刺すホームランで先制すると、4回には8番・髙村 尚杜のホームラン。5回には5番・森川 倫太郎のタイムリー。そして6回には3番・櫻井 歩夢にもホームランが飛び出し、10対0と大量リード奪う。

 7回に9点、8回に1点を奪われて一時追いつかれたが、8回裏に3番・櫻井の一打で何とか追いついた健大高崎樹徳と11対11で引き分け。3本のホームランを放つも、終盤に課題を残す結果となった。

【日程・応援メッセージ】="font-weight:>