県大会準優勝校が選出!近畿大会で善戦した東播磨(兵庫)が21世紀枠の推薦校に選ばれる!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.08

東播磨ナイン

 秋季大会が佳境を迎えている中、兵庫県高校野球連盟は近畿大会に兵庫県2位として出場した東播磨を21世紀枠の推薦校として選出をしたことを発表した。

 東播磨は県大会で市立尼崎育英。さらには長田といった県内の実力校を破って準優勝。決勝の神戸国際大附とも接戦を演じて近畿大会へ出場。初戦で好投手・小園 健太擁する市立和歌山との対戦し、1対2で敗れたものの、好ゲームを見せた。

 加古郡に学校を構える東播磨は、過去に加古川北で甲子園を経験した福村順一監督がチームをまとめる。進学校のため授業が7限まであり、16:30から練習が始まり、グラウンドも他の部活動との共用という環境の中で結果を残した。

 今年は走力が武器となっている東播磨。その中でも中心となるのはエース・鈴木悠仁。近畿大会では初戦で敗れたが、出所が少し見にくいフォームが印象的で、スライダーにスプリット系のボールと低めを丁寧に突く投球が光り、市立和歌山と接戦を演じた。

 細かなカバーリングなど、小さなところからチームが徹底されている東播磨。まずは近畿の推薦校に残れるのか。初の甲子園出場への第一歩を踏み出した。

(記事=編集部)

【関連記事】
21世紀枠推薦校・山田(大阪)が履正社を破り、近畿大会に出場した裏側とは【後編】 【ニュース - コラム】
第111回 21世紀枠推薦校・山田(大阪)が履正社を破り、近畿大会に出場した裏側とは【後編】【野球部訪問】
第110回 履正社を破って近畿大会へ!旋風を巻き起こした山田(大阪)の走力は逆転の発想から生まれていた!【前編】【野球部訪問】
履正社を破って近畿大会へ!旋風を巻き起こした山田(大阪)の走力は逆転の発想から生まれていた!【前編】 【ニュース - コラム】
第107回 作新学院を破った石橋(栃木)が21世紀枠の推薦校に選出されるまで【後編】【野球部訪問】
第106回 21世紀枠推薦校!平日2時間練習の石橋(栃木)はなぜ作新学院を破ることができたのか?【前編】【野球部訪問】
第1050回 緻密な機動力野球で強豪校を次々と撃破。名将率いる東播磨(兵庫)は来夏まで侮れない!【野球部訪問】
第1262回 まさに玄人受けするプレーヤー!夏5割の俊足外野手・宮本一輝(東播磨)は近本光司タイプ 【2020年インタビュー】
市立和歌山vs東播磨【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
市川vs東播磨【兵庫県 2017年春の大会 平成29年度春季兵庫県高校野球大会】
東播磨vs松陽【兵庫県 2016年夏の大会 第98回選手権兵庫大会】
育英vs東播磨【兵庫県 2016年春の大会 平成28年度春季兵庫県高校野球大会】
大垣日大(東海)vs川島(21世紀枠)【2010年選抜大会 第82回選抜高校野球大会】
東播磨 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
高校野球も取り入れたい、高校ラグビーのライバル校を応援する姿
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る