【九州大会】離島・大島の県立校、大崎が福岡大大濠を破り初優勝!<6日の結果・トーナメント表>

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.06

4回裏、勝ち越しの適時打を放った山口 剛大(大崎) *写真は準決勝明豊戦より

【九州大会のトーナメント表をチェック!】

 6日、第147回九州地区高等学校野球大会は決勝戦が行われ、大崎福岡大大濠を5対1で破り初優勝を飾った。

 試合は初回、福岡大大濠の3番・山下 恭吾のソロ本塁打で1点を先制。しかしその裏大崎は、5番・松本 慶一郎の適時打ですぐさま同点とした。2、3回は両者無得点で終え、迎えた4回裏、大崎の9番・山口 剛大が二死二塁の場面で右前へ運び二走が生還。勝ち越しに成功する。5回にも8番・勝本 晴彦のスクイズなどで2点、7回にも1点を挙げた大崎が5対1で福岡大大濠を下し、初の九州王者に輝いた。

 大崎先発、背番号11の1年生左腕・勝本 晴彦は初回のソロ本塁打のみの1失点にまとめ、9回110球、4安打、1失点の好投を見せた。一方、福岡大大濠はエース左腕・毛利 海大の登板はなく、森本 光紀馬場 拓海友納 周哉の3人の1年生投手で継投も、前日1安打完封の2番手・馬場が3失点を喫した。

◇11月6日の試合結果

第147回 九州地区高等学校野球大会
決勝 大崎   5  -  1   福岡大大濠 長崎県営野球場(ビッグNスタジアム) 応援メッセージ (11)

■大会の詳細・応援メッセージ
第147回 九州地区高等学校野球大会

【九州大会のトーナメント表をチェック!】

【関連記事】
宮崎商の今宮こと中村 碧人が今季ラストゲームで通算25号で締める!熱戦の模様を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
宮崎商vs宮崎北【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
【福岡】秋は福岡大大濠が九州準V!今年の公式戦優勝校&準優勝校を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
福岡大大濠vs宮崎商【2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会】
福岡大大濠vs具志川商【2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会】
第280回 今年も関西地区に好投手が続出!2021年度注目の高校生投手リスト21名【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第1265回 自粛期間をプラスにした153キロ右腕・山下舜平大(福岡大大濠)をドラフト上位候補に押し上げた急成長の裏側【後編】 【2020年インタビュー】
第1265回 153キロ右腕・山下舜平大(福岡大大濠)をドラ1位候補に押し上げたターニングポイントは大阪桐蔭戦 【前編】 【2020年インタビュー】
第3回 【12球団ドラフト指名予想】独自路線を貫くDeNAの上位指名には高卒選手が必須?【プロ12球団ドラフト分析2020】
大森学園vs海城【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
日大豊山vs都立江戸川【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1048回 潜在能力の高い主力が抜けて心機一転の福岡大大濠。目指すは「納豆のように粘り強い野球」【野球部訪問】
第1019回 大阪桐蔭、近江、智辯学園らが強豪集う秋季近畿大会。見どころ、注目選手たちを紹介!【大会展望・総括コラム】
第2回 野球と勉強の共通点ってホントにあるの?文武両道を実現したいなら知っておきたい考え方【球児の親のためのコラム】
第1217回 九州の豪腕から「全国屈指の豪腕」へ。最速148キロ右腕・川瀬堅斗(大分商)の決意 【2020年インタビュー】
第1207回 通算19本塁打に最速141キロを計測する強肩。大型遊撃手・石橋昂樹(宗像)の身体能力はいかにして生まれたのか? 【2020年インタビュー】
第1034回 笠谷俊介に柳裕也、ドラ1候補・森下暢仁(明治大)のプロ入りへの意思を明確にした類まれな環境 【2019年インタビュー】
大分商 【高校別データ】
長崎日大 【高校別データ】
福岡大大濠 【高校別データ】
宮崎商 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【栃木】7日には1年生大会県大会が開幕!1回戦から作新学院と青藍泰斗が激突!
次の記事:
【秋季九州大会】大崎が11年ぶりの公立校V!そのほか2000年代の公立校の優勝は?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る