優勝回数は福井県勢が6度で最多!直近10年での秋の北信越大会の成績を振り返る 春江工や地球環境の躍進も

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.06

エースの竹松明良(敦賀気比)

 今秋、敦賀気比が5年ぶりの秋の北信越王者に輝いた秋の北信越大会。秋連3連覇がかかっていた星稜を準決勝で下した上田西を16対5で破る強さをみせた。今回はそんな秋の北信越の直近10年の優勝校、準優勝校を振り返っていく。

2020年 優勝:敦賀気比(福井)   準優勝:上田西(長野)
2019年 優勝:星稜(石川)     準優勝:日本航空石川(石川)
2018年 優勝:星稜(石川)     準優勝:啓新(福井)
2017年 優勝:日本航空石川(石川) 準優勝:星稜(石川)
2016年 優勝:福井工大福井(福井) 準優勝:日本航空石川(石川)
2015年 優勝:敦賀気比(福井)   準優勝:福井工大福井(福井)
2014年 優勝:敦賀気比(福井)   準優勝:松商学園(長野)
2013年 優勝:日本文理(新潟)   準優勝:東海大三<現・東海大諏訪>(長野)
2012年 優勝:春江工(福井)    準優勝:敦賀気比(福井)
2011年 優勝:敦賀気比(福井)   準優勝:地球環境(長野)

 ここ10年での優勝回数は福井県勢の6度がトップ。決勝進出回数は福井9回、石川が6回、長野が4回と北信越はこの3県が好成績を残している。敦賀気比星稜といった全国屈指の強豪がひしめく中、2011年には地球環境が準優勝を果たし、通信制として初の甲子園出場を果たしたことで話題を呼んだ。

 また、2012年には現ソフトバンクの栗原 陵矢を擁した福井の公立校・春江工が初優勝を果たし、翌年の選抜も初出場を果たした。春江工は2016年3月に坂井農などとの学校統合のため閉校し、現在は坂井となっている。

 近年、2019年星稜の全国準Vや2015年敦賀気比の選抜優勝など北信越勢が全国の舞台でも結果を残している。今年は敦賀気比上田西が来春の選抜出場が濃厚とした北信越勢の活躍には注目だ。

【関連記事】
高校野球はアウトオブシーズンに突入 練習試合解禁は来年3月8日 【ニュース - 高校野球関連】
【福岡】秋は福岡大大濠が九州準V!今年の公式戦優勝校&準優勝校を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
大森学園vs海城【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
日大豊山vs都立江戸川【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
都立小山台vs青山学院【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1019回 大阪桐蔭、近江、智辯学園らが強豪集う秋季近畿大会。見どころ、注目選手たちを紹介!【大会展望・総括コラム】
敦賀気比vs新潟明訓【2020年秋の大会 第143回北信越地区高等学校野球大会】
第2回 野球と勉強の共通点ってホントにあるの?文武両道を実現したいなら知っておきたい考え方【球児の親のためのコラム】
中京大中京vs至学館【愛知県 2020年秋の大会 第73回愛知県高校野球選手権大会】
第1回 球児の親必見!文武両道を実現するための家庭でのコミュニケーション術【球児の親のためのコラム】
第134回 スポーツライター・手束仁氏による高校野球物知り教室【歴史編】【高校野球コラム】
第1207回 通算19本塁打に最速141キロを計測する強肩。大型遊撃手・石橋昂樹(宗像)の身体能力はいかにして生まれたのか? 【2020年インタビュー】
第1172回 なぜ吉田正尚(オリックス)は強打と高コンタクトを両立できるのか?【後編】 【2020年インタビュー】
第1172回 NPBを代表するスラッガー・吉田正尚(オリックス)が実践する不調時の修正法と一流投手への対応策【前編】 【2020年インタビュー】
第16回 甲子園春夏通算16回出場を誇る敦賀気比の甲子園での戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第1069回 高校ラストイヤーは「勝てる投手」を目指して3年連続の甲子園へ 笠島尚樹(敦賀気比)【後編】 【2019年インタビュー】
第1067回 ほろ苦い甲子園デビューから1年・・・2年生エースへと成長を遂げた笠島尚樹(敦賀気比)【前編】 【2019年インタビュー】
上田西 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
【秋季東京都大会】東海大菅生は2年ぶり、日大三は3年ぶりの決勝進出!<14日の結果・トーナメント表>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る