【九州大会のトーナメント表をチェック!】

 5日、九州大会準決勝で長崎の公立校・大崎が大会連覇がかかっていた明豊を延長サヨナラで破った。大崎は昨秋、今夏、そしてこの秋と3季連続で長崎を制し着々と実力をつけていた。昨秋の九州大会は大分商に初戦で敗れたが、今大会は初の4強入り、決勝進出を果たした。そんな大崎のこの秋の戦いぶりを振り返る。

<長崎大会>
2回戦  島原   6対2
3回戦  西海学園 12対4
準々決勝 瓊浦   9対2
準決勝  長崎西  6対0
決勝  長崎日大  7対3

<九州大会>
1回戦   開新  9対2
準々決勝 延岡学園 3対2
準決勝  明豊   3対2

 大味なゲームは少なく、エース右腕・坂本 安司を中心の守りは、今大会無失策と硬い。打撃では、準々決勝、準決勝は共に1点差ゲームをもものにし、明豊戦では10回の同点打、12回のサヨナラ打を放った2番・乙内 翔太など勝負強さが光る。長崎県西海市の人口約5000人の離島・大島から九州の頂点を目指す大崎福岡大大濠との決勝戦での戦いぶりには目が離せない。

◇11月5日の試合結果

◇11月6日の試合予定

■大会の詳細・応援メッセージ
第147回 九州地区高等学校野球大会

【九州大会のトーナメント表をチェック!】