最後の夏、甲子園出場できなかった大野雄大(京都外大西出身)と高橋周平(東海大甲府出身)8年ぶりAクラス入りへ活躍中!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.04

 4日、中日ドラゴンズが横浜DeNAベイスターズに5対4で勝利。残り3試合となっているが、今シーズンの勝ち越しが決定。シーズン勝ち越しは8年ぶりの結果であり、Aクラス入りへも大きく前進する勝利となった。

 そんな8年前、2012年も中日はシーズン2位でクライマックスシリーズへ進んだが、その年は現エース・大野雄大(京都外大西出身)がプロ2年目を迎え、7月に1軍初勝利を記録。

 3連勝をするなどきっかけをつかむと、翌2013年からは1軍の先発ローテーションを担うようになり、今シーズンは8年ぶりのAクラス入りに貢献する6度の完封勝利をマークするチームの大黒柱となった。

 そしてもう1人、現在のチームの主将・高橋 周平東海大甲府出身)がプロ1年目で開幕2戦目で1軍の試合に出場。5月には初スタメンで初ヒットを記録し、6月には初ホームラン。

 1年目から経験を積み重ね続け、2018年に128試合に出場。昨シーズンはベストナインとゴールデングラブ賞を受賞し、4日の試合も決勝打を放っており、チームの主力選手にまで成長した。

 高校時代は最後の夏の甲子園に出場していないが、現在のチームを支える大野、高橋の2選手。ともに最後にAクラス入りした2012年をきっかけに今まで成長の一歩を踏み出し続けてきたが、Aクラス入りとなるのか。残り3試合の活躍に注目したい。

【関連記事】
中日はドラ1高橋周平、ドラ2・京田が順調に成長。また社会人下位指名打者を大成させている強みも! 【ニュース - 高校野球関連】
新成人イヤーでブレイクなるか?中日・石橋康太(関東一出身)の打撃成績が捕手としては抜群! 【ニュース - 高校野球関連】
第116回 山梨の勢力図に変化。関東ベスト4の東海大甲府の2020年【野球部訪問】
第151回 「まるで打球音が違った」ミスタードラゴンズの道を突き進む高橋周平(東海大甲府出身)の高校時代【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1049回 11年ぶりの聖地へ!京都外大西の再浮上のカギを握るのは我慢強さ【後編】【野球部訪問】
第1048回 再浮上の兆し見せる京都外大西がコロナ禍で見出した新たな練習スタイル【前編】【野球部訪問】
常総学院vs東海大甲府【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
東海大甲府vs東海大相模【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第1097回 ポイントは回転にアリ!高校通算36本塁打・山下航汰(京都外大西)が細身でも長打を連発できるわけ 【2020年インタビュー】
第1097回 高校通算36本塁打の万能プレーヤー・山下航汰(京都外大西)がプロ入りへ取り組んだ試行錯誤の日々【前編】 【2020年インタビュー】
第1249回 スラッガー・渡部海夢(東海大甲府)の強みは実戦に即した努力ができること。最後の夏に才能が開花!【後編】 【2020年インタビュー】
第1247回 飛距離は高橋周平以上!?名将も認めた渡部海夢(東海大甲府)の長打力の秘密とは?【前編】 【2020年インタビュー】
京都国際vs東山【京都府 2020年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
京都国際vs京都外大西【京都府 2020年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
京都外大西vs大谷【京都府 2020年 令和2年度 夏季京都府高等学校野球ブロック大会】
第1172回 高校野球界から中学アカデミーへ転身を遂げた知将・島田 達二氏(元高知高監督)が提示する育成案 【2020年インタビュー】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
京都外大西 【高校別データ】
東海大甲府 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
【巨人】梶谷 隆幸(開星出身)の加入で生え抜き奮起となるか
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る