10月31日(土)に高知市東部総合運動場野球場でトリドールホールディングス×四国アイランドリーグplus 高校生トライアウトを開催した。トライアウト開催後に実施したドラフト会議を行い、合格者14名が決まった。

【徳島】
投手 平安山 陽松山聖陵
投手 内海 拓哉徳島商
捕手 古市 尊高松南
内野手 西村 貫輔高知商

【高知】
投手 野里 慶士郎都立足立西

【香川】
溝渕 優心飯山
山本 力聖秀岳館
小玉 和磨高松中央
長谷川 颯大(神戸弘陵

【愛媛】
投手 小林 亮太小松
捕手 矢野 泰二郎済美
内野手 西原 凜開星
外野手 漆原 幻汰豊川
外野手 山本 圭吾小松

 注目は最速146キロ右腕・平安山 陽松山聖陵)の指名だろう。最速146キロの速球と切れのあるスライダー、ツーシームを武器に勝負する。実力的には独立リーグに入る高校生投手ではトップクラス。8年連続ドラフト指名を実現している徳島にとっては大きな投手が入った。また、打撃技術の高さはトップクラスの西村 貫輔高知商)、スローイングタイムが1.7秒台に到達する強肩捕手・古市 尊高松南)も徳島と、ドラフト候補が続々加入する。

 また高知は140キロ前後の速球を投げ込む野里 慶士郎都立足立西)。香川では抜群の強肩と長打力を秘めた大型内野手・山本 力聖秀岳館)、長谷川 颯大(神戸弘陵)は遠投120メートルの強肩とバットコントロールの良さが光る左の好打者だ。

 愛媛では下級生から活躍してきた巧打の捕手・矢野 泰二郎済美)、強打の三塁手・西原 凜開星)、バットコントロールの良さと落下地点の到達が速い漆原 幻汰豊川)と実力派の野手が加入する。

(記事=河嶋 宗一