【九州大会のトーナメント表をチェック!】

 3日、第147回九州地区高等学校野球大会は準々決勝4試合が行われ、ベスト4が出揃った。

 諫早市第1野球場の第一試合、明豊(大分1位)と神村学園(鹿児島1位)の一戦は7回を終え神村学園が4対0とリードも明豊が8回に3番・黒木 日向の2ランなどで3点、9回にも3点を奪い逆転で4強入りを決めた。次戦は延岡学園を3対2で破った大崎と対戦する。

 長崎県営球場の第二試合、福岡大大濠(福岡1位)と具志川商(沖縄2位)の試合は福岡大大濠が4対0で勝利。福岡大大濠ののエース左腕・毛利 海大が完封勝利で4強入りを決めた。次戦は東明館に勝利した宮崎商と準決勝を戦う。

 準決勝2試合は5日に長崎県営球場で行われる予定。

九州大会4強の顔ぶれ
明豊(大分1位)
大崎(長崎1位)
宮崎商(宮崎1位)
福岡大大濠(福岡1位)

◇11月3日の試合結果

◇11月5日の試合予定

■大会の詳細・応援メッセージ
第147回 九州地区高等学校野球大会

【九州大会のトーナメント表をチェック!】