【四国大会のトーナメント表をチェック!】

 31日、第73回秋季四国地区高等学校野球大会は県立春野野球場にて準決勝2試合が行われた。

 明徳義塾(高知1位)は、鳴門(徳島1位)と対戦。2回に6点を挙げ力を見せつける明徳義塾鳴門も必死に食らいつくが、7回に勝負あり。9対2で明徳義塾が勝利し、今秋の2強に名乗りを上げた。

 3位校の意地を見せたい愛媛3位の小松は同県1位の聖カタリナ学園との一戦に臨み、熱い接戦を展開。2対2のまま延長戦へ突入し、迎えた12回裏、5番・堀越 璃雄がサヨナラヒットを放った聖カタリナ学園が3対2辛くも勝利。小松は準決勝で涙をのんだ。

 決勝戦は11月1日に開催の予定。昨秋の王者・明徳義塾に聖カタリナ学園がどこまで食らいつくか、勝敗の行方に注目が集まる。

◇10月31日の試合結果

第73回 秋季四国地区高等学校野球大会

第73回 秋季四国地区高等学校野球大会
準決勝 明徳義塾    9  -  2    鳴門 高知県立春野運動公園野球場 応援メッセージ
聖カタリナ学園    3  -  2    小松 高知県立春野運動公園野球場 応援メッセージ

◇11月1日の試合予定

第73回 秋季四国地区高等学校野球大会

第73回 秋季四国地区高等学校野球大会
決勝 明徳義塾    5  -  1    聖カタリナ学園 高知県立春野運動公園野球場 応援メッセージ

■大会の組み合わせ・応援メッセージ
第73回 秋季四国地区高等学校野球大会

【四国大会のトーナメント表をチェック!】