井上広大(履正社出身)がファームで第9号!村上・安田が成し遂げた2年ぶりの高卒新人二桁本塁打はなるか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.10.29

井上広大

10月29日、阪神2位の井上 広大履正社出身)は中日との二軍戦で第9号本塁打を放ち、10号本塁打まであと1本となった。

10号本塁打を打てば、高卒新人野手としては、2018年の安田 尚憲履正社出身)の17本塁打、村上 宗隆九州学院出身)の12本塁打の2年ぶりの快挙となる。

 近年では細川 成也明秀学園日立出身)が2017年に記録した10本塁打、2016年に10本塁打を記録した廣岡 大志(智辯学園出身)がいる。村上のように本塁打タイトルを狙える選手に成長したり、安田、廣岡のように一軍定着もできている。和製大砲として期待される井上。残りソフトバンク3試合だが、もし達成できれば、阪神球団にとっても大きな快挙だろう。

 達成できなかったとしても球団の期待通りのステップは歩んでいるといえる。残り試合の井上の打撃に注目だ。

【関連記事】
高卒1年目で計12本塁打。井上広大(履正社出身)にワクワクが止まらない 【ニュース - 高校野球関連】
山田哲人、阪神・坂本とともに甲子園出場した右サイド・飯塚孝史(履正社出身)が現役引退 【ニュース - 高校野球関連】
第111回 21世紀枠推薦校・山田(大阪)が履正社を破り、近畿大会に出場した裏側とは【後編】【野球部訪問】
第110回 履正社を破って近畿大会へ!旋風を巻き起こした山田(大阪)の走力は逆転の発想から生まれていた!【前編】【野球部訪問】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第1017回 いよいよ大阪は準決勝!大阪桐蔭vs履正社、東海大仰星vs山田の勝負のポイントを徹底分析!!【大会展望・総括コラム】
履正社vs大阪商業大高【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第134回 セカンド送球1.8秒台の強肩!強打の捕手・関本勇輔が大事にしてきた1球の重み【高校野球コラム】
履正社vs星稜【2020年甲子園高校野球交流試合】
履正社vs信太【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
履正社vs大阪桐蔭【大阪府 令和2年大阪府高等学校野球大会】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
井上 広大(履正社) 【選手名鑑】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
ベスト4をかけた準々決勝、日大三vs日大豊山は日大三が4点リード!【秋季東京都大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る