「浜風に負けないような強い打球を打ちたい」阪神1位指名の佐藤輝明(近畿大)が決意!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.10.26

ガッツポーズをする佐藤輝明

 26日に行われた2020年プロ野球ドラフト会議。関西学生リーグで歴代最多の14本塁打を放っている近大の佐藤 輝明は4球団強豪の末に阪神から1位指名を受けた。

 今年のドラフト会議で野手の目玉として注目されていた佐藤。前日までにオリックス、ソフトバンク、巨人が1位指名を公言しており、競合は必至と見られていた。

 午後4時45分頃に田中秀昌監督と会見場に到着。特に緊張した様子もなく、落ち着いた表情で指名の瞬間を待っていた。

 最初の入札では大方の予想通り、オリックス、阪神、ソフトバンク、巨人が佐藤を指名。クジ引きの末に阪神の矢野燿大監督が当たりクジを引き当てた。

 阪神が交渉権を獲得した後も平常心を貫き、「地元で身近な球団だったので、よかったと思います」とコメントした。

 兵庫県西宮市出身の佐藤は小学生時代に阪神タイガースジュニアでプレーした経験を持つ。甲子園球場でプロ野球観戦をしたこともあるそうで、今回の阪神入団は運命的なものだったのかもしてない。

「走攻守全てでスケールの大きい選手になりたいと思います。長打力が一番のアピールポイントだと思うので、そこをアピールできたらいいと思います」と話した佐藤。本職の三塁手には大山 悠輔とジェフリー・マルテがいるが、一塁手や外野手の経験もあり、使える幅は広い。左の長距離砲として、即戦力での活躍が期待されている。

 阪神が本拠地とする阪神甲子園球場は大学のリーグ戦でプレーしたことがある。浜風が吹き、左打者には不利な球場と言われているが、「浜風に負けないような強い打球を打ちたい」と気合十分。豪快な打撃でタイガースファンの心をわしづかみにしてくれることだろう。

 (記事:馬場 遼)


関連記事
生駒ボーイズ時代の恩師が語る井上朋也(花咲徳栄)「打撃に関してはすごくストイック」
超高校級のスラッガー・来田涼斗(明石商)課題克服のカギとなったのは「シャトル打ち」!?
153キロ右腕・山下舜平大(福岡大大濠)をドラ1位候補に押し上げたターニングポイントは大阪桐蔭戦

【関連記事】
高卒1年目で計12本塁打。井上広大(履正社出身)にワクワクが止まらない 【ニュース - 高校野球関連】
山本泰寛が阪神へトレード。その他の慶応高→慶応大ルートの現役プロ野球選手は? 【ニュース - 高校野球関連】
第283回 スラッガー、守備職人、好捕手ズラリ。2021年ドラフト注目野手リスト33名【ドラフト特集コラム】
第280回 今年も関西地区に好投手が続出!2021年度注目の高校生投手リスト21名【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第280回 北海道の速球王など2021年度注目の高校生投手リスト32名【東日本編】【ドラフト特集コラム】
第280回 「森木世代」はスラッガー揃い。清宮弟、前川、吉野、有薗など10人の全国レベルのスラッガーたち【ドラフト特集コラム】
第280回 2021年は「森木世代」。森木大智を含めた150キロ右腕5名、さらに150キロ左腕、191センチ左腕と世代をけん引する10人の投手たち【ドラフト特集コラム】
第1271回 指揮官も絶賛する高校通算32本塁打・土井翔太(郡山)が近畿大会で得た経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1100回 東都三部に潜む153キロ右腕・近久輝(東農大)の成長の原点は高校時代のコーチがあったから【後編】 【2020年インタビュー】
第1099回 藤嶋の陰に隠れて、プロ注目の153キロ右腕となった近久輝(東農大)。劣等感を抱えていた東邦時代【前編】 【2020年インタビュー】
第1271回 奈良にいた強肩強打の逸材!通算32本塁打・土井翔太(郡山)の土台は中学時代にあった!【前編】 【2020年インタビュー】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】

コメントを投稿する

次の記事:
反復練習による疲労骨折を未然に防ぐ
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る