徳島インディゴソックス・ドラフト候補躍動と粘りで2年連続6度目の四国アイランドリーグplus総合V!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.10.25

2年連続6度目の四国アイランドリーグplus制覇を決め喜ぶ徳島インディゴソックスの選手たち

 開幕が当初予定より3ヶ月近く遅れ、開幕年の2005年以来となるチャンピオンシップなし・ワンシーズン制採用。かつルートインBCリーグ王者との「日本独立リーググランドチャンピオンシップ」も中止。いわゆる「コロナ禍」により異例づくめのシーズンとなった四国アイランドリーグplusもいよいよ佳境。10月23日(金)には1位の徳島インディゴソックス(以下、徳島)が2位・高知ファイティングドッグス(以下、高知)のホーム・高知市営球場での首位攻防戦に挑んだ。

 試合前の時点で残り4試合、うち高知との直接対決3連戦を残した状態で高知に1勝・ないしは2分けで2年連続6度目の四国アイランドリーグplus総合Vが決まる徳島。ただ、絶対的優位に立つ彼らの前に立ちはだかったのは、10月26日(月)に開催される「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」においてリーグ最上位指名が確実視されている高知の最速153キロ右腕・石井 大智(秋田高専卒3年目・右投右打・175センチ81キロ)である。

 この時点で徳島インディゴソックスの最速150キロ右腕・戸田 懐生と激しく奪三振王争いを演じていた石井。ただこの試合は「三振は捨てて」すべての球種を低めに集めることに執心。常時140キロ中盤・最速148キロのストレートと130キロ後半のカットボール、130キロ前半のシンカーが冴え、6回まで3安打1死球4奪三振無失点と完ぺきな内容を見せた。

 ただ、徳島も「粘って終盤に勝負する」(吉田 篤史監督)今季の闘いを体現。先発の変則左腕・小原 大樹花巻東~慶應義塾大~日本製紙石巻出身1年目・181センチ85キロ)は取材に訪れていた弟・和樹さん(盛岡三~慶應義塾大~NHK高知放送局アナウンサー)の前で「内角を突くことで後の投手にいい影響を与えられるように心がけて」5回5安打1失点。

 さらに6回裏は最速151キロドラフト候補右腕・亀山 英輝(小樽水産~札幌大出身1年目・右投両打・173センチ70キロ)から徳島産左腕の安丸 友耶川島~鳴門教育大出身2年目・左投左打・177センチ83キロ)の継投でしのぎ、打線の反撃を待った。

【次のページ】 徳島インディゴソックス・ドラフト候補躍動と粘りで2年連続6度目の四国アイランドリーグplus総合V!(2)


【関連記事】
今年の巨人育成枠で支配下に最も近い徳島インディゴソックス・戸田懐生(東海大菅生-KTCあおぞら)が仮契約! 【ニュース - 高校野球関連】
鳴門の豪腕として騒がれた150キロ右腕・中山晶量(鳴門-明治大)が徳島インディゴソックスへ!! 【ニュース - 高校野球関連】
第283回 スラッガー、守備職人、好捕手ズラリ。2021年ドラフト注目野手リスト33名【ドラフト特集コラム】
第280回 今年も関西地区に好投手が続出!2021年度注目の高校生投手リスト21名【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第280回 北海道の速球王など2021年度注目の高校生投手リスト32名【東日本編】【ドラフト特集コラム】
第280回 「森木世代」はスラッガー揃い。清宮弟、前川、吉野、有薗など10人の全国レベルのスラッガーたち【ドラフト特集コラム】
第280回 2021年は「森木世代」。森木大智を含めた150キロ右腕5名、さらに150キロ左腕、191センチ左腕と世代をけん引する10人の投手たち【ドラフト特集コラム】
第1271回 指揮官も絶賛する高校通算32本塁打・土井翔太(郡山)が近畿大会で得た経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1100回 東都三部に潜む153キロ右腕・近久輝(東農大)の成長の原点は高校時代のコーチがあったから【後編】 【2020年インタビュー】
第1099回 藤嶋の陰に隠れて、プロ注目の153キロ右腕となった近久輝(東農大)。劣等感を抱えていた東邦時代【前編】 【2020年インタビュー】
第1271回 奈良にいた強肩強打の逸材!通算32本塁打・土井翔太(郡山)の土台は中学時代にあった!【前編】 【2020年インタビュー】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
【12球団ドラフト指名予想】”おかわり”の後釜を!埼玉西武の1位にふさわしい選手とは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る