【中国大会のトーナメント表をチェック!】

 24日、第135回秋季中国地区高等学校野球大会は1回戦4試合が行われ、ベスト8が出揃った。

 松江市営野球場で行われた2試合には、広島1位の広島新庄、山口1位の桜ケ丘が登場。両校ともに1位通過チームの貫録を見せ、鳥取西(鳥取3位)、矢上(島根4位)にそれぞれ勝利し、準々決勝進出を果たした。

 県立浜山球場で行われた2試合は、どちらも息詰まる接戦に。盈進(広島2位)は関西(岡山2位)と対戦し、延長13回の末、押し出しで1点をもぎ取った盈進が7対6で勝利した。また、米子東(鳥取1位)と立正大淞南(島根3位)の一戦は、延長11回の裏、7番・岡本 陽希に飛び出したサヨナラヒットで米子東が3対2で辛勝した。なお、勝った両校は、次戦の準々決勝で対決する。

 翌25日は本日決したベスト8が激突し、31日実施予定の準決勝出場を目指し熱戦を繰り広げる。なお今大会は一般入場が不可となっている。

◇10月24日の試合結果

◇10月25日の試合予定

■大会の詳細・応援メッセージ
第135回 秋季中国地区高等学校野球大会

【中国大会のトーナメント表をチェック!】