• トップ
  • ニュース
  • 高校野球関連
  • 平沢、安田、藤原ら高卒野手が1年目に安打記録!佐々木朗希は公式戦登板なし【ロッテ・ドラ1選手のルーキーイヤー】

平沢、安田、藤原ら高卒野手が1年目に安打記録!佐々木朗希は公式戦登板なし【ロッテ・ドラ1選手のルーキーイヤー】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.10.22

2019年のドラフト1位・佐々木朗希(大船渡出身)

 プロ志望届の提出期限が過ぎ、いよいよ今年のプロ野球ドラフト会議の日が迫ってきた。今年も多くの選手がドラフト候補として名を連ねるが、やはり一番の注目は「ドラフト1位候補」だろう。ドラフト1位といえど、将来のエース候補、来季の即戦力候補など位置づけは様々で、それは起用法にも表れる。そこで今回は、各球団が直近5年間で指名してきたドラフト1位選手たちの、ルーキーイヤーの成績を振り返りたい。今回は千葉ロッテマリーンズを見ていこう。

将来見据え5年間で高卒4人を指名

 千葉ロッテの過去5年間のドラフト1位指名選手とそのルーキーイヤーの成績は以下の通り。

2015年 平沢 大河仙台育英)内野手
23試合 0本塁打 3打点 0盗塁 打率.149 長打率.234 出塁率.216
81試合 7本塁打 34打点 1盗塁 打率.212 長打率.344 出塁率.308(ファーム)

2016年 佐々木 千隼都立日野・桜美林大)投手
15試合 4勝7敗 85.1回 59奪三振 防御率4.22
7試合 1勝2敗 26.1回 21奪三振 防御率3.42

2017年 安田 尚憲履正社)内野手
17試合 1本塁打 7打点 0盗塁 打率.151 長打率.264 出塁率.250
106試合 12本塁打 67打点 2盗塁 打率.271 長打率.420 出塁率.322

2018年 藤原 恭大大阪桐蔭)外野手
6試合 0本塁打 2打点 0盗塁 打率.105 長打率.105 出塁率.105
82試合 4本塁打 21打点 16盗塁 打率.227 長打率.333 出塁率.286

2019年 佐々木 朗希大船渡)投手
一・二軍とも登板なし
※10月19日終了時点

 2015~2019年の5年間で千葉ロッテが指名したのは、高卒投手1人、高卒野手3人、大卒投手1人と、非常に若い指名が目立つ。

 唯一の大卒である佐々木 千隼は、都立高出身初の1位で、外れ1位でも史上最多5球団からの指名の末、千葉ロッテに入団。年間通して一軍に定着することはできなかったものの、15試合85.1回は1年目としては及第点と言える成績だった。

 高卒野手の3人は、いずれも1年目から一軍出場を果たした。平沢 大河は3人の中で最多の23試合に出場し、初安打もマーク。ファームでは遊撃のレギュラー格として81試合で遊撃を守った。満足のいく打撃成績ではなかったが、しっかりと経験を積んだルーキーイヤーだった。

 今シーズンは一軍の4番に定着した安田 尚憲は、1年目はファームの4番として経験を積み、好成績をマーク。シーズン終盤には一軍に昇格し、初本塁打も放つなど、上々のシーズンを過ごした。

 今月に入り一軍で活躍し始めた藤原 恭大は、キャンプからアピールし、開幕スタメンを掴み、初安打も放った。しかし6試合で登録抹消となり、以降はファームのレギュラーとして82試合に出場した。

 分離ドラフトだった2007年の唐川 侑己以来、球団12年ぶりのドラ1高卒投手となった佐々木 朗希は、未だベールに包まれたままだ。シーズン開幕前はフリー打撃で160キロ近い剛速球を披露していたが、開幕後はファームでも登板していない。故障などの情報もなく、じっくりと身体を作っているということだろう。

 かつては即戦力の大学生や社会人がドラフト1位指名の中心だったロッテだが、近年は高卒を中心に指名し、今季はその成果が出つつある。今年のドラフト会議では、早稲田大の左腕・早川 隆久の1位指名を公言したロッテ。今季もまだ逆転優勝の可能性が残されているが、来季の優勝へ向けて即戦力路線へ舵を切るつもりだ。

(記事=林 龍也)

【関連記事】
【ロッテ】キャンプ1軍の佐々木朗希 先輩投手の結果から見る高卒2年目のハードル 【ニュース - 高校野球関連】
佐々木朗希ら3人が1軍キャンプとなった2019年高校四天王の現在 【ニュース - 高校野球関連】
第1033回 1位はフルスイングが光るスラッガーに!現役球児117名に聞いた好きな野手ランキング【球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第8回 【12球団ドラフト指名予想】佐々木朗、藤原、安田など近年ドラフト戦略に成功している千葉ロッテは2年後には黄金期に入る!?【プロ12球団ドラフト分析2020】
第1110回 プロを目指して名門街道を駆け抜けた。世界一を知る今江敏晃コーチ(PL学園OB)から球児たちへのメッセージ 【2020年インタビュー】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第78回 150キロ右腕から強肩強打のスラッガーへ。福岡ソフトバンク・小林 珠維(東海大札幌出身)を変えさせた2年夏のベンチ外【恩師が語るヒーローの高校時代】
第33回 高校生必見!プロ野球選手が実践する家で出来るトレーニング!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第1100回 大阪桐蔭の左腕エースでは田中誠也以来の実力派・藤江星河を覚醒させた「内角攻め」と「チェンジアップ」 【2020年インタビュー】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
横浜vs花咲徳栄【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
佐々木 千隼(都立日野) 【選手名鑑】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】
平沢 大河(仙台育英) 【選手名鑑】
藤原 恭大(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
安田 尚憲(履正社) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
加古川西、小野が5回戦進出!【選手権兵庫大会 21日結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る