開催地・京都の王者として第2試合に登場した龍谷大平安。対するのは履正社を破って大阪3位として近畿に出場した山田

 2回まで両チームのスコアボードに0が並ぶ投手戦となっていたが3回に龍谷大平安が二死一塁から3番・吉田 元のタイムリーで先制した。

 4回、そして6回には相手のミスで追加点を入れた龍谷大平安。投げては先発したエース・石田 琉稀が打たせて取る投球を披露。

 7回に8番・岩崎 健心のタイムリーで山田が1点を返したところで降板となるが、2番手・林 慎之介が抑えてゲームセット。

 4対1で龍谷大平安山田を下した。

【近畿大会のトーナメント表をチェック!】

■試合日程・応援メッセージ
秋季近畿地区高等学校野球大会


◇18日の試合予定

【滋賀大会のトーナメント表をチェック!】

【京都大会のトーナメント表をチェック!】

【奈良予選のトーナメント表をチェック!】

【大阪予選のトーナメント表をチェック!】

【兵庫大会のトーナメント表をチェック!】

【和歌山予選のトーナメント表をチェック!】