【北信越大会のトーナメント表をチェック!】

 北信越大会準決勝第1試合が行われ、上田西が5対4で星稜を破り決勝進出を果たした。上田西は初のセンバツ出場へ向けて、大きな1勝を上げた。

 上田西は1対4で負けていたが、5番・飛鳥井 洸(2年)がこの日2本目となる同点3ランを放ち、4対4とした。そして8回裏、8番・小川 隼弥の適時打で勝ち越しに成功した。

 エース・山口 謙作が強打の星稜打線から10安打を浴びながらも4失点完投勝利を上げ、決勝進出を決めた。

 ここまで秋季北信越大会2連覇中の星稜だったが、3連覇は途絶えた。

◇10月17日の試合

【北信越大会のトーナメント表をチェック!】