佐々木朗希、奥川恭伸ドラフトから1年。なんと11球団が1位指名に高校生!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.10.17

佐々木朗希(大船渡)、奥川恭伸(星稜)

 ちょうど1年前の本日、10月17日は2019年のドラフト会議が行われた日だ。

 

 1年前のドラフトでは支配下で74名、育成で33名の選手が指名を受け107名がプロ入りを果たした。その中でもドラフトの最注目はやはり、1位指名の競合だろう。1位指名を受けた中で複数球団に指名された高卒選手は大船渡佐々木 朗希星稜奥川 恭伸東邦石川 昂弥の3名だ。

 佐々木は2019年4月に行われた高校日本代表の研修合宿の紅白戦で、プロ野球のスカウトのスピードガンで163キロを計測し、参考記録ながら高校生最速記録を更新した。

 3年夏の県大会では、4回戦の盛岡四戦、8回2死の場面で160キロを計測。試合も大船渡が延長12回の死闘を制した。大船渡は決勝まで進出し甲子園出場まであと1勝とするも、佐々木は故障を懸念した國保陽平監督により登板が回避された。試合は花巻東に敗れ甲子園出場を逃した。それでも「令和の怪物」と称された190センチ、88キロの剛腕は、北海道日本ハム、千葉ロッテ、東北楽天、埼玉西武の4球団に1位指名を受け、抽選により交渉権を獲得した千葉ロッテに入団した。

 奥川は2年春から4季連続で甲子園を経験。延長14回にまでもつれ込んだ3年夏の甲子園準々決勝、智辯和歌山戦では154キロを記録した。星稜は決勝進出を果たすも履正社に敗れ全準優勝で高校最後の夏を終えた。高校日本代表にも2度選出され、ドラフトでは東京ヤクルト、阪神、読売の3球団が競合し、交渉権を獲得した東京ヤクルトに入団した。

 石川は3年時、主将、エース、3番打者を務めた。3年春の選抜では全5試合に先発し全国優勝に貢献。打者としても3本塁打を記録した。佐々木、奥川らと共に参加したU18W杯では全8試合で4番を務め24打数8安打1本塁打9打点を記録。石川には内野手としてオリックス、中日、福岡ソフトバンクの3球団が1位名し、交渉権を獲得した地元球団の中日に入団した。

 また、外れ1位ではJFE西日本の河野 竜生鳴門出身)、東芝の宮川哲(東海大山形出身)に2球団が競合した。そしてこの年のドラフトでは広島東洋が指名した明治大の森下 暢仁大分商出身)以外11球団が高校生を1位指名するという結果となった。今年はドラフトでは複数球団競合はあるのか、注目だ。

【2019年の各球団のドラフト1位指名選手】
ロッテ   佐々木 朗希大船渡
日本ハム  佐々木 朗希河野 竜生(JFE西日本)
東北楽天  佐々木 朗希ー小深田大翔(大阪ガス)
埼玉西武  佐々木 朗希ー宮川哲(東芝)
ヤクルト  奥川 恭伸星稜
阪神    奥川 恭伸西 純矢創志学園
読売    奥川 恭伸ー宮川哲ー堀田 賢慎青森山田
中日    石川 昂弥東邦
オリックス 石川 昂弥河野 竜生宮城 大弥興南
ソフバンク 石川 昂弥ー佐藤直樹(JR西日本)
広島東洋  森下 暢仁(明治大)
横浜DeNA  森 敬斗(桐蔭学園)

【関連記事】
【ロッテ】キャンプ1軍の佐々木朗希 先輩投手の結果から見る高卒2年目のハードル 【ニュース - 高校野球関連】
佐々木朗希ら3人が1軍キャンプとなった2019年高校四天王の現在 【ニュース - 高校野球関連】
第285回 2021年ドラフト候補 高校生期待度ランキング30 投手大豊作の世代で1位になったのは…? 【ドラフト特集コラム】
第28回 卒業生1位は今年復活を遂げたあのスター!2020年選手名鑑人気ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第283回 来年の世代屈指の大型左腕候補・久野悠斗(報徳学園)を要チェック!【ドラフト特集コラム】
第283回 スラッガー、守備職人、好捕手ズラリ。2021年ドラフト注目野手リスト33名【ドラフト特集コラム】
第280回 今年も関西地区に好投手が続出!2021年度注目の高校生投手リスト21名【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第1271回 指揮官も絶賛する高校通算32本塁打・土井翔太(郡山)が近畿大会で得た経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1100回 東都三部に潜む153キロ右腕・近久輝(東農大)の成長の原点は高校時代のコーチがあったから【後編】 【2020年インタビュー】
第1099回 藤嶋の陰に隠れて、プロ注目の153キロ右腕となった近久輝(東農大)。劣等感を抱えていた東邦時代【前編】 【2020年インタビュー】
第1271回 奈良にいた強肩強打の逸材!通算32本塁打・土井翔太(郡山)の土台は中学時代にあった!【前編】 【2020年インタビュー】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
佐々木 朗希(大船渡) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
加古川西、小野が5回戦進出!【選手権兵庫大会 21日結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る