本日は北信越大会準決勝!3連覇を狙う星稜、唯一3位校で4強入りの関根学園ら 選抜の切符を手にするのは?<トーナメント表>

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.10.17

星稜の背番号1・野口練

【北信越大会のトーナメント表をチェック!】

 17日、北信越地区大会では準決勝2試合が行われ、決勝進出2チームが決まる。

 第一試合では大会3連覇を狙う星稜(石川1位)が上田西(長野2位)と対戦。星稜は1回戦、準々決勝共にコールドで試合を決め、2試合で28安打26打点と今年のチームも攻撃力は抜群だ。特に8番に座る正捕手の中谷 大翔東京都市大塩尻戦で本塁打を放つなど6打数4安打7打点と下位打線から打線を牽引している。投手陣も2試合14イニングで2失点と安定感を見せる。

 一方上田西も2試合とも10得点を奪いコールド勝利で勝ち進んでおり、打撃は好調。1番・笹原 操希、2番・梅香 拓海、3番・柳澤 樹の上位打線が得点の突破口となっている。この勢いで2年連続北信越覇者の星稜にどこまでくらいついていける、注目だ。

 第二試合は唯一3位校で4強入りを果たした関根学園と福井1位の敦賀気比が対戦。関根学園は準々決勝の佐久長聖戦でシーソーゲームを制し初の4強を決めた。敦賀気比も準々決勝の新潟明訓戦は延長10回に3点を奪い7対3で勝利。接戦をものにし勢いに乗る。

 この試合に勝つと選抜当確となるこの準決勝2試合。どちらの試合も熱戦に期待したい。

◇10月17日の試合

第143回 北信越地区高等学校野球大会
準決勝 上田西   5  -  4   星稜 富山市民球場アルペンスタジアム 応援メッセージ (10)
敦賀気比   5  -  4   関根学園 富山市民球場アルペンスタジアム 応援メッセージ (21)

【北信越大会のトーナメント表をチェック!】

【関連記事】
【東北大会】仙台育英が宮城県勢対決を制す!柴田を下し2年連続11回目の頂点!<20日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
終盤に執念見せた神戸国際大附が近江を下す! 【ニュース - 高校野球関連】
大森学園vs海城【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
日大豊山vs都立江戸川【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
都立小山台vs青山学院【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1019回 大阪桐蔭、近江、智辯学園らが強豪集う秋季近畿大会。見どころ、注目選手たちを紹介!【大会展望・総括コラム】
関根学園vs佐久長聖【2020年秋の大会 第143回北信越地区高等学校野球大会】
敦賀気比vs新潟明訓【2020年秋の大会 第143回北信越地区高等学校野球大会】
第2回 野球と勉強の共通点ってホントにあるの?文武両道を実現したいなら知っておきたい考え方【球児の親のためのコラム】
第1回 球児の親必見!文武両道を実現するための家庭でのコミュニケーション術【球児の親のためのコラム】
第1230回 天才ゴルフ少年から星稜のスラッガーへ。中田達也の長打力の秘密はゴルフ仕込みのフルスイング 【2020年インタビュー】
第134回 スポーツライター・手束仁氏による高校野球物知り教室【歴史編】【高校野球コラム】
第1207回 通算19本塁打に最速141キロを計測する強肩。大型遊撃手・石橋昂樹(宗像)の身体能力はいかにして生まれたのか? 【2020年インタビュー】
第1172回 なぜ吉田正尚(オリックス)は強打と高コンタクトを両立できるのか?【後編】 【2020年インタビュー】
第1172回 NPBを代表するスラッガー・吉田正尚(オリックス)が実践する不調時の修正法と一流投手への対応策【前編】 【2020年インタビュー】
第16回 甲子園春夏通算16回出場を誇る敦賀気比の甲子園での戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第1130回 奥川の後を継ぐコントロールピッチャー・荻原吟哉(星稜)が求めるのは「速さ」と「緻密さ」 【2020年インタビュー】
上田西 【高校別データ】
佐久長聖 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
関根学園 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】
新潟明訓 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【高知】決勝は明徳義塾vs高知!<10日の結果・トーナメント表>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る