千葉ロッテが早稲田大・早川隆久(木更津総合出身)を1位指名公表!今年の千葉県出身のドラフト候補は?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.10.16

木澤尚文

 千葉ロッテは早川 隆久木更津総合ー早稲田大)のドラフト1位指名を公表した。そんな早川は横芝光町出身で横芝中出身。木更津総合のエースとして、3度の甲子園出場。二期連続ベスト8入り。選抜では大阪桐蔭を破る快投を見せ、早稲田大では大エースに君臨。

 県外留学で、千葉県の学校で活躍する球児も増えてきたが、純粋に千葉県出身でここまでの選手へ成長した選手は記憶にない。

 指名しない理由が見当たらないぐらいの選手が現実に存在しているのだ。ただ、千葉ロッテファンからすれば、今年はどんな千葉出身の球児がいるのか気になるところだろう。そんな選手を紹介したい。

【高校】
古谷 将也成田)佐原中出身 香取シニア
小芝 永久千葉学芸)館山第二中

【大学】
中村亮太(千葉経大附ー東農大オホーツク)四街道中出身 千葉市シニア
宮 慎太朗(市立船橋ー立教大)京葉ボーイズ出身
木澤 尚文慶應義塾ー慶應義塾大)船橋市立二宮中出身 八千代中央シニア
塩田幸十郎(千葉英和ー駒澤大)千葉北リトルシニア

【社会人】
伊藤 将司横浜ー国際武道大ーJR東日本)横芝中出身 

【独立】
行木 俊横芝敬愛-徳島インディゴソックス)松尾中出身 九十九シニア

 高校では世代屈指の強肩捕手・古谷、146キロ右腕・小芝、大学では150キロの速球と切れのあるスライダーで勝負する中村、高校、大学でも主将を務め堅守の遊撃手・宮、ドラフト1位候補にも挙がる速球派右腕・木澤は八千代中央シニア出身で、同期には坂倉 将吾日大三ー広島)もいた。

 伊藤は横芝中出身で当時、横浜高校入学で大きく話題になった左腕。今では社会人トップクラスの左腕へ成長。そして行木は高校時代から10キロ以上スピードアップ。徳島球団のローテーションにも入り、プロのスカウトから注目される存在となった。

果たして今回のドラフトでどれだけの千葉県出身の選手が指名されるか楽しみだ。

コメントを投稿する

前の記事:
強力昌平打線を俊足強打で牽引する千田泰智(昌平)50メートル6.1秒を活かす事前準備と打撃技術
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る