ドラフト会議まであと10日。明石商の来田涼斗、中森俊介コンビが心境語る

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.10.16

中森俊介と来田涼斗

 10月26日に開催されるプロ野球ドラフト会議。今年は高校生216名、大学生158名と多くの選手たちがプロの世界へ挑戦する意向を示した。明石商の投打の柱だった中森 俊介来田 涼斗もその中に含まれる。

 連日立て続けに取材の予定が入っており、2人の注目度が窺えるスケジュールとなっている。取材当日、取材の合間を縫いながらキャッチボールやティーバッティング。さらに現役選手と混ざってフリーバッティングに参加。木製バットでも鋭い当たりを飛ばしていた。

 一方の中森はこの日はブルペンに入らずに、キャッチボールのみの軽めのメニュー。それでもキャッチボールの時は変化球も混ぜながら、1球1球丁寧に感触を確かめながらボールを投じていた。

 ドラフトまでは2週間を切った。刻一刻と運命の日が近づく中で「出来ることをやるだけですので、3拍子揃った選手を目指して、今はさらに高いレベルを目指して練習をやりたいと思います」と来田は高いモチベーションをもって吉報を待つ。

 一方の中森は「志望届を出すまでに満足できる投球ができなかったので不安な気持ちはあります。ですが、応援してくれている人がたくさんしますので、しっかり結果を残して期待に応えたいですし、期待以上の結果を残せるように練習していきたいです」とコメントを残した。

 公立校からドラフト1位指名が複数となれば、歴史上36年ぶりの快挙となる。2人同時の1位指名はあるのか。またどの球団が獲得となるのか。その結論が出る10月26日を楽しみに待ちたい。

 今回2人に取材したインタビュー記事は後日配信予定です!お楽しみに!

(記事=田中 裕毅)

【関連記事】
中森とともに36年ぶりの公立校複数ドラフト1位をあるのか?超高校級スラッガー・来田涼斗(明石商)の決意【後編】 【ニュース - インタビュー】
第1266回 中森とともに36年ぶりの公立校複数ドラフト1位をあるのか?超高校級スラッガー・来田涼斗(明石商)の決意【後編】 【2020年インタビュー】
世代屈指右腕・中森俊介の現状に満足しないストイックな姿勢と変化球の極意【後編】 【ニュース - インタビュー】
第1268回 超高校級右腕・中森俊介が明かす変化球5種類を徹底解説!【後編】 【2020年インタビュー】
第1266回 超高校級のスラッガー・来田涼斗(明石商)課題克服のカギとなったのは「シャトル打ち」!?【前編】 【2020年インタビュー】
第1267回 高校1年から騒がせた超高校級右腕・中森俊介の知られざるラストイヤーの取り組み【前編】 【2020年インタビュー】
第277回 今年の外野手は来田涼斗、西川僚祐など大型外野手揃い!大化けする可能性を秘めた外野手18名リスト!【ドラフト特集コラム】
第271回 高橋宏斗、中森俊介など2020年の高校生投手トップ9はこの投手たちだ!!【ドラフト特集コラム】
第254回 この4人は別格。中森俊介(明石商)、高橋宏斗(中京大中京)、篠木健太郎(木更津総合)、小林樹斗(智辯和歌山)の魅力とは【ドラフト特集コラム】
明石商vs桐生第一【2020年甲子園高校野球交流試合】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs東山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
海星vs霞ヶ浦【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
関東一vs明石商【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
来田 涼斗(明石商) 【選手名鑑】
中森 俊介(明石商) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【九州】大分商、長崎日大ら 大分、宮崎、熊本で4強出揃う!<4日の結果・トーナメント表>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る