14日から開幕した秋季東北大会は、石巻市民球場の第2試合で日大山形弘前学院聖愛が対戦。試合は日大山形が鮮やかな逆転勝ちで準々決勝を決めた。

 暴投や押し出しといったミスもあり、序盤で3点のリードを許した日大山形
だが、3回表に二死二塁から4番・浅利瑠良の中前タイムリーで1点を返すと、4回にはリリーフ登板した8番・大類興雅にツーランホームランが生まれ試合を振り出しに戻す。

 これで逆に流れを引き寄せた日大山形は、5回に7番・梅津康生の犠牲フライで勝ち越しに成功すると、6回には2番・秋葉光大にダメ押しのホームランが飛び出し試合を決定づける。

 日大山形は、5対3で弘前学院聖愛を下して2回戦進出を決めた。
日大山形の荒木準也監督は、「4回の大類のホームランで、試合を振り出しに戻したことが大きかったです。入りはバタバタしましたが、次は地に足つけてできると思います」と語り、次戦に向けても意気込みを口にした。

 日大山形は、準々決勝で東北と対戦する予定となっている。

◇10月14日の試合

■試合日程・応援メッセージ
第73回 秋季東北地区高等学校野球大会