サイドに転向しブレイクした大江竜聖(二松学舎大附出身) 2016年に東京都からプロ志望届を提出した選手は?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.10.15

大江竜聖(二松学舎大附出身)

 シーズンは終盤に入ってきたプロ野球。セ・リーグでは巨人が優勝に向けて一歩ずつ前進をしているが、今年はチーム防御率3.32とエース・菅野 智之東海大相模出身)を中心とした投手陣が安定している。

 強力投手陣の中で中継ぎを中心にブレークしているのがプロ4年目・大江 竜聖二松学舎大附出身)だ。今シーズンからサイドスローに転向に、12日までで12試合に登板して防御率3.14で7ホールドを記録している。

 左打者に対して力を発揮してポジションを確保しつつある大江。そんな大江と言えば2014年の夏の甲子園で1年生ながらデビュー。翌春の選抜でも登板するなど、早くから存在感を発揮してプロ入りを果たした。

 そんな大江とともにプロ志望届を提出した東京都の選手は以下の4名だ。

郡 拓也帝京出身):北海道日本ハム
坂倉 将吾日大三出身):広島東洋カープ
渡部 健人日本ウェルネス):桐蔭横浜大
長谷川 宙輝聖徳学園出身):東京ヤクルト

 2016年は東京都のチームから5名がプロ志望提出。その中で4名が指名を受けて、全員が現役を続行している。なかでも坂倉、長谷川の2人は大江とともに2020年シーズンにブレークし、1軍での実績を多く積んできた。今後のさらなる成長が楽しみだ。

 郡もルーキーイヤーの2017年に1軍デビューを果たし、今シーズンも5試合に出場をしており、着実に経験値を蓄えてきている。

 そして指名漏れとなってしまった渡部は桐蔭横浜大で腕を磨き、大学候補合宿に呼ばれる世代屈指の打者にまで成長を遂げ、プロ志望届を提出している。ドラフト会議当日に吉報は届くのか。

 今年は高校生216名がプロ志望を提出し、そのなかには大江の後輩にあたる大型の二刀流選手・秋広 優人の名前もある。渡部とともに注目しておきたいところだ。

【関連記事】
二松学舎大附vs成立学園【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1016回 都立城東vs都立日野など初戦から好カード揃い!秋季東京都大会一次予選の注目ポイント!【大会展望・総括コラム】
身長200センチの二刀流・秋広優人(二松学舎)、全国レベルの強肩強打の捕手など5名がプロ志望届けを提出! 【ニュース - 高校野球関連】
巨人は戸郷と大江の投手陣が躍進!野手は誰が続くか?高卒4年目までの若手たち 【ニュース - 高校野球関連】
第270回 200センチの二刀流・秋広優人はスラッガーとして化ける可能性を持った逸材だ【ドラフト特集コラム】
大森学園vs二松学舎大附【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
二松学舎大附vs上野学園【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
二松学舎大附vs城北【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
第269回 200センチの二刀流・秋広優人(二松学舎大附)のピークはこれから。伸びしろは無限大【ドラフト特集コラム】
二松学舎大附vs東京成徳大高【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
第1012回 【東東京大会展望】シード校・堀越のブロックが最激戦区に!東東京は今年も熱い!【大会展望・総括コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第858回 意識付けの変化が同点打を生む!第5戦は本領発揮だ!野村 昇大郎(二松学舎大附) 【2018年インタビュー】
第802回 冬場の鍛錬と開き直りが成長に繋がる 草薙柊太(国士舘高)【前編】 【2018年インタビュー】
第723回 斎藤 未来也(関東一)力強さとスピードを兼ね備えた理想のトップバッターを目指して 【2018年インタビュー】
第476回 二松学舎大学附属高等学校 永井 敦士選手「潜在能力は鈴木 誠也級!?最終学年は勝負強い4番を目指す」 【2016年インタビュー】
第473回 二松学舎大学附属高等学校 大江 竜聖投手「ドラフト6位でもハートの強さで這い上がる!」【後編】 【2016年インタビュー】
大江 竜聖(二松学舎大附) 【選手名鑑】
二松学舎大附 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
11日開幕!沖縄尚学、初戦の相手は具志川商!【沖縄県1年生大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る